2018年5月29日、EosLaoMaoは、すでに北京の奇虎科学技術有限会社(360)と戦略的な協力を達成し、双方は360のセキュリティブレインを利用して、手を携えて開発チームを設立し、ノードのシステムを発展させると発表しました。360のセキュリティブレインは5つのコアの能力があります:感知、学習、推理、決定、予測、主にネットのセキュリティーメンテナンス、ネット攻撃の早期警告に応じて抵抗して、ウイルスのトロイの木馬を検査するなど。360のセキュリティブレインは、全体のブロックチェーン技術におけるシステムのための無視できないものをもたらします。EOSメインネットワークオンライン後の21のブロックノードの1つになることを目指している。