IBM は、すでに世界中でブロックチェーンサービスを、展開している。そして、アメリカにおいては、 Stellar のブロックチェーンを使用して、ドルと等価交換のできるストロングホールド USD の作成にも協力している。そして、 IBM は、 Stellar のブロックチェーンを利用して新たな決済システムを作成した。

 

・ IBM のブロックチェーン決済システムについて

 IBM が独自に作成した決済システムは、IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤーと呼ばれ、数秒で国際送金を完了させる能力を持つ。その為、ワールド・ワイヤーを使用すれば、金融機関は国際送金に対するデメリットを極力少なくすることが可能となる。

 

仮想通貨による国際送金システムと言えば、すでに国産送金プラットフォームのリップルは独自のネットワークを世界中の銀行と築いている。リップルネットが本格的に始動した場合、国際送金によるデメリットの殆どがなくなり、通貨が異なってもスムーズな取引が可能となる。

 

つまり、国際送金の分野では、ワールド・ワイヤーとリップルは競合することになると見ていいだろう。厳密に言えば、どちらも導入した場合、ブロックチェーンの特性が異なる為、どちらかを優先して使用するというよりは、使い分ける形になると予想される。

 

ワールド・ワイヤーのメリットを見てみると、高速決済やコスト削減などリップルと似た性質をいくつも持つ。もっとも、ブリッジ通貨としての役割まで持つかはまだ不明であるため、リップルと IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤーの動向は注目だと言える。

 

・送金システムとブロックチェーン

ブロックチェーンの活用による送金システムの構築は、各金融機関で独自に取り組んでいるものと、リップルなどの仮想通貨のシステムを利用したもののどちらかに分かれる。

 

どちらにしても、既存のシステムのデメリットを解消できるメリットを金融機関は重要視しており、どの規模のブロックチェーンに参画するかで今後を左右することになるだろう。