SECBIT実験室の研究によると、少なくとも2603分のERC20 Tokenの契約はEIP 20規格を遵守していないということで、17の市場価値ランキングの上位100通貨に関連している。イーサネットのインテリジェント契約編集器Solidityがアップグレードした後、編集器の契約コードは、非標準的なインテリジェント契約を互換できない。これらの非標準的な契約は、DAPPのシステムに対して深刻な影響を与えることができ、この問題は中心化した取引所の正常な取引や振り替えなどの深刻な問題を引き起こす可能性がある。現在、この問題の解決案はイーサコミュニティに発表されました。完全なコードは、SECBIT実験室github倉庫https://github.com/sec-bit/badERC20Fix/を参照してください。格付け機関TokenInsightは一時的に貨幣種類の評価を引き下げることはできない。