Btcmanager ニュースによると、ロシアのハバロフスク郡にある政府のウェブサイトは最近ハッキングされ、ハッカーたちはサイトのコンピュータ機能にアクセスして暗号侵害を試みようとしているという。地元の通信社グベルニアによると、このマルウェアは6月7日に政府のウェブサイトから削除されるまでに約10日間アクティブだったという。