Btcmanager.com ニュースによると、ビットコイン鉱夫のビット大陸が認定外の仮想通貨マイニング マシンを製造したため、中国の顧客の一部は損失を被ったという。 以前今年の4月、ビット大陸はマイニング マシンB3を発表し、80H/sのマイニング ハッシュレートを生み出せる、約360ワットの電気を作り出せると明言した。しかし、これらのマシンのユーザーはマイニング パフォーマンスが宣伝通りではないと苦情を訴えた。ある中国のバイヤーの張氏は、マイニング マシンB3のうち3つは500H/s から600 H/sまでのハッシュレートしか処理できない、予想される780 H/sとはるかに差が大きいと主張した。