今日、日本の金融庁による第4次暗号化通貨取引所のシンポジウムが開かれ、会議資料を発表しました。発表した資料によると、MIT Media Labは、不法な金融の世界的な活動を防ぐために、世界的な金融安定性を監視し、さらに合意に向けて進みつつある。もっと完璧な措置を取って投資家を保護する必要がある。金融安定委員会(FSB)、国際清算銀行(BIS)、国際公証監会(IOSCO)および経合組織(OECD)。COは、経合組織(OECD)が共同で検討するべきだとして、少なくとも40カ国以上の国がICOと仮想通貨取引所に対する観点を発表し、日本とアメリカなどの国向けに規則化取引所に進出し、特にアメリカとカナダは、ICO法の公認管理にICOを組み入れることを試みている。