Blockchain.infoのデータによると、予知不能な事件が発生しない限り、第1,700万枚目のビットコインは近日中にマイニングされる可能性が高い、この発展は世界初の暗号化通貨のもう一つに重大は道標を意味する。これはビットコイン現時点のルールでは、ビットコインの採掘上限が2,100万ビットコインしかないからである。この道標の意義が大きくて、2016年半ば以来百万個のビットコインが採掘されたもう一つの標である。これは注目すべきかもしれない、理由はこの技術の核心なのである。――コンピュータ科学成就のまた一つの注意喚起であり、共有ソフトが数位貴重性を創造、起用した。

 簡単に言うと、ビットコインのコードは多くのほかの暗号化通貨「アップスター」によりプログラミングしなおされた後、一定の数量のみの新しいビットコインがしきりにその経済体系に導入されるように確保している。マイナー或いはビットコイン取引が必要なハードウェアを追跡する人は、毎回公式記録で新しい箇条を添加する時に必ずこれらに貴重データが得られる。そうであるものの、この過程にやはり多くの変化がある。注意すべきなのは、共通ソフトウェアの同期を維持するために、たくさんの些細な差異が発生しているので、いつから第1,700万枚目のビットコインを採掘するのかが定かに予測的ない。つまり、相対予測可能性がある。

 一個のビットコインブロックに12.5個の新しいビットコインが生成され、しかもビットコインのブロックが約10分おきに発生し、毎日約1,800個の新しいビットコインが作成されるので、この事件を「心理的障碍」として視したほうがよい。Tetras Capital共同創始者のAlex Sunnarborgは、コミュニティによって解釈が違うと示した。例えば、Sunnarborgはもう一つの解釈結果強調しようとしている方式は:全ての創造されるビットコインの80%がすでにマイニングされている。つまり、マイナーと将来のバイヤーに提供する残余産量は約二割しかない。他の人はそれを技術及び成就がすでに成熟した道標だと認識している。

 この道標がビットコイン機能の教育と暗号化通貨の教育の絶好なチャンスであるべきだと提案している。例えば、ビットコインソフトウェアを操作、運営する全てに人が変化しようを決定しない限り(現時点では可能性が極めて低い)、もっと多くの新しいビットコインを導入することができない。この成就は一つの科学技術の現実である、ビットコインが金銭、経済とその他の貴重自然資産との関連において重要な役割を果たしている。教育を通じて、オーストリア経済学の早期のビットコイン支持者と読者はすぐにこの特徴の価値を意識し、彼らにより「暗号化通貨cryptocurrency」という術語が生まれるかもしれない。