1、投資する、即ち簡単なロングショット。

2、裁定取引。例えば短期取引で時間差と価格差で鞘取りする、取引所のトークン価格の差で利益を取るとか、違うトークンと通貨間の価格差を利益さを利用して多少でも儲かるケースもある。

3、マイニング、実はこれも投資の派生品に該当し、先物に相当する。もちろん、無料でバーチャル通貨をプレゼントするウェブサイトもあって、一日で百元くらいは出て来る。

 三つのやり方を簡単に分析して、それからそれぞれのリスクがどこにあるのか、利益がどこにあるのかを具体的に説明しよう。

1-投資

投資する場合は非常に簡単:トークンを購入して、値上がりしたら売る。トークンを売って出場して、トークンを借りて入場する。値上がりすると思えば買う、値下がりすると思えば売る、これについては細かく説明はしないでおこう。

投資扱いにするなら、情報が最も重要である:

-1.色んなルートから情報を把握する、一時の騰落で疑心暗鬼に出たり入ったりしないこと。長期投資には情報の影響が巨大である。

-2.投資する以上は資本配分が必要、色んなトークンの背景情報、応用ルート、お互い独立した係数、簡単なシープ指数を計算してもよい。もし数学が得意なら、色んな傾向の類型確率を計算して、自分の収益を高めてリスクを低めるのもよい。-3.もし資本量が多くなければ、空売りをしないこと。値上がりしてバブルになると資金が強制的にクローズオーバーされる可能性が高い。

2-裁定取引

皆が気に掛かるところまで来た。裁定取引とは、色んな手段を通じて、リスクが変わらない前提で収益を高めることである。よくある手法は、レンガ運び、高頻度など。

まずレンガ運びを説明しよう。レンガ運びとは取引所の間の利益差である、一般的には、取引所によって価格の区別がかなり大きい。

 現在中国OKcoinで、ビットコインの価格は18,245元だが、btceのビットコイン価格は2,377ドル、為替レート6.9で計算すれば、即ち16,400元で、10%の差もある。その場合、まずドルに両替して、ビットコインのようなバーチャル通貨を購入してから中国のアカウントに振り込めば利益になる、これをレンガ運びと呼ぶ。

 通常オンラインで海外取引所へ送金する場合、手数料は3~7%なので、5%で計算しよう、一回の取引で3日間掛かりますが、その利益は約5%。この場合のリスクはロングの投資と同じで、つまり突然暴落するリスクである。なので、もし投資しようと思えば、ついでにレンガ運びをすると収益がかなり高くなるかと思う。

 レンガ運びをする時にウェブサイトによってトークンも違うし、手数料も違う。もし外国語が得意なら、常にロシア、フランスなどのウェブサイトから低価格のバーチャル通貨が買えるので、収益も大きく上がる。現在レンガ運びをしている人が多くて、結構なウェブサイトに在庫がなくて、残ったものは価格も非常に高い。例えばBtceのUsdcodを例として、人民元対米ドルの為替レートは6.8前後だが、payegoldでは、両替する為替レートはすでに7.6まで上がっている。そしてビットコインはせいぜい10%の価格差しかないから、ほとんど利益がなくなる。

 なので、レンガ運びが最も主要なのは合理的な方法と信頼できる為替ルートを見つけられることである。

 それからは時間差である、例えばショート、高頻度など。バーチャル通貨は24時間取引なので、寝ている時に暴騰を見逃したり、暴落に気づかずに損を止められなくなったりすることがよくある。なのでこの場合に一番いい方法は策略を書くことである。簡単な例を挙げると、K線チャンネル(平均ライン、平行ラインなど)を作る、もっと複雑なのは学習増強自動策略を書くとか。(これに関してはレンガ運びに合わせて一つのリスクが変わらずに利益を高める方法がある、今はこの方法をテストしている最中。)