CoinDesk によると木曜日に米国特許商標庁によって公開された特許出願は、日本の大手メーカーのソニーはブロックチェーン技術を使ってデジタル著作権データを保存させることを検討している。ソニーからの発言、 ソニーは、現在のデジタル著作権管理 (DRM) ソリューションは相互運用できるように設計されていますが、信頼できない場合もある。 今回提出された文書によれば、ブロックチェーンは、ユーザーが購入した製品を確実にみることが出来るように、必要な識別データを格納することが出来る。 ソニーはまた、ブロック ・ チェーンに基づくシステムが各種コンテンツ、映画、テレビ、ビデオ、音楽、オーディオ、ゲーム、科学的データ、医療データなどなどのデータを管理できると考えています。