仮想通貨の技術に関しては、世界中のあらゆる中央銀行が中央銀行によるデジタル通貨の開発に向けて様々な取り組みを開発していることと世界経済フォーラム(WEF)のリポートで明らかになった。

 

実際のところ、国際送金プラットフォームに頼らなくても銀行のシステムそのものをブロックチェーンに変更することによって支払いの効率化及びセキュリティ等を控除することが可能だ。また、キャッシュレスという意味では、ブロックチェーンを使用する場合、そのシステムが破壊されない限り、データを失うこともない。

 

加えて言えば、中央銀行による仮想通貨と発行は、LSK だけでなくメリットもあることを多くの国々がすでに知っている。つまり、CDBCが発行されなかったとしてもブロックチェーンによるシステムの効率化がもたらすメリットは非常に多く、顧客の認証やマネーロンダリングなどにおいても銀行のシステムそのものをブロックチェーンと関連付けるメリットは非常に大きいと言えるだろう。

 

そのため、中央銀行による仮想通貨の発行は、キャッシュレスを促進する。そして、先進国では既に現金を保有をするリスクが相対的に高くなりつつあることから、デジタル通貨の重要性が増していくことになると予想できる。

 

もちろん、WEF は仮想通貨のメリットだけでなく、デメリットも述べている。例えば、仮想通貨no すべてはブロックチェーンの能力によって処理を行う。そのため、ブロックチェーンに致命的な欠陥があった場合は、復旧までに時間がかかるとともにデジタル決済を行うない人々に対して今何が起きる可能性があることを示唆している。

 

もちろん、今後世界で統一された仮想通貨の規制が施行された場合、CD BC の発行そのものが難しくなる可能性があるものの、世界中の銀行がブロックチェーン技術について理解を深めつつあると言える状況だ。そのため、どのような状況になったとしても銀行はコスト的なメリットとしてブロックチェーンの有用性を捨てきれないと言えるだろう。