現在、中国・ロシアの包括的な戦略的パートナーシップ協力は様々な分野で急速に発展しており、そのレベルは常に発展の頂点にあり、内容は絶えず充実しているという

1113日、ロシア連邦副首相兼極東連邦管区大統領のトルトネフ氏は、太義グループ(以下Taiyi Group)の会長鄧氏(Deng Yi)とシンガポールで会談を行い、ロシア極東開発基金(以下、ロシア極東基金)とTaiyi Cloudは戦略的協力協定に調印をした。

11月13日ロシア連邦副首相兼極東連邦管区大統領のトルトネフ氏は见太一集团(Taiyi Group)の会長らと会.png

ロシア副首相トルトネフ氏(左から1番目)は、アレクセイ・チェンコフ氏(左から2番目)、ロシア極東開発基金の最高経営責任者(CEO)、Taiyi Groupの鄧氏会長(右から)と戦略的協力協定を締結した。

 

トルトネフ氏は、Taiyi Group 鄧氏会長の中国におけるブロックチェーン産業の発展と適用についての報告に慎重に耳を傾け、代表者と充実で内容の深い会話をしました。 ロシア極東のダイヤモンド、金、石油、食糧の天然資源を世界の貨物市場へのより良い進出に促進するために、両国は将来的にブロックチェーン技術協力の利用についてコンセンサスを協議を得る事ができた。

 

ロシア極東基金のアレクセイ・チェンコフ最高経営責任者(CEO)は、Taiyi Groupとの戦略的協力に応じて、太平洋はコモディティの分野(一般化したため差別化が困難となった製品やサービスのことを指す)のブロックチェーン調査について非常に楽観的であると述べた。また、両国は安定した協力関係を構築し、極東の資源基盤を最大限に活用し、極東の先進的な技術金融システムを構築し、 新たな経済成長ポイントを創出し、ロシア側の期待に応えて、Taiyi Groupの鄧氏会長は、極東地域の経済発展を促進するために、開放性と透明性に基づいて、ロシア極東基金などとの綿密な協議を行なっていく予定であると語った

ロシア極東地域は6,215,900平方キロメートルあり、インフラは限られていますが、天然資源において世界ダイヤモンドの約30%、新鮮な水の約20%、ロシアの漁業資源の約70%、金資源の約50%を含んでいる。 極東の偉大な発展は多くの新しい開発チャンスをロシアにもたらします。そのため、ロシア極東開発はロシアのプーチン大統領によって「21世紀全体の国家優先事項」として宣言されました。 2011年、プーチン大統領は、極東の経済発展に焦点を当てた国家主権基金、ロシア極東基金の設立を提案した。現在、基金の投資プロジェクトはロシアの領土の42%をカバーしている。

北京太陽雲技術有限公司(430070)は、デジタルアイデンティティ、デジタル政府、知的財産権、食品安全、自由貿易などの約100の特許を申請しており、ブロックチェーン技術の研究開発を専門とする国内有数の企業の1つです。 運輸、医療などの成熟したソリューションの多くは、世界中の多くの国や地域と協力関係を構築し、中国ブロックチェーン応用研究センター、グローバルブロックチェーンビジネスカウンシルなどの立ち上げに参加しました 業界団体、ブロックチェーン業界の発展を長期的な取り組み

促進するだろう。