イングランド銀行は、イギリスの中央銀行であり、ブロックチェーンや仮想通貨については非常に前向きな姿勢で技術を受け入れている。例えば、イングランド銀行の独自コインであるRSコインの研究開発及び発行の発表、即時グロス決済と呼ばれる銀行間送金をリアルタイムで行える新しい決済方法の開発・即時グロス決済にブロックチェーンを連携させる取り組みなども行っている。その為、世界でもイングランド銀行は仮想通貨のシステムに寄り添った計画を策定していると言えるだろう。

 

・ウッズ氏が示す仮想通貨の懸念点

イングランド銀行の副総裁であるウッズ氏は、仮想通貨に対する注意喚起を行った。その内容は、仮想通貨市場の成長性を踏まえたうえで、仮想通貨は、詐欺や犯罪行為に利用されることもあり、資産としての風評リスクが高いというものだ。

 

つまり、仮想通貨の取り扱いについては、あらゆる面で管理し、リスクを取り除く必要がある。その上で、企業は仮想通貨に関連する業務を行う場合、仮想通貨の抱えるリスクに対して、備える必要があると言えるだろう。

 

しかし、ウッズ氏はイングランド銀行として仮想通貨の有用性を認めている。そのため、即時グロス決済のシステムを再度構築したうえで。ブロックチェーン技術をイングランド銀行のシステムに取り込んでいくとしている。

 

・イングランド銀行の見据える金融機関の未来

イングランド銀行の姿勢として、仮想通貨のシステムを受け入れつつも、価値や仮想通貨の世間的な立ち位置を考慮した計画を策定している。

 

日本においては、実感と感じ取ることは難しい部分もあるが、国際的な支払いにおいてはキャッシュレスが世界中で加速している。つまり、海外の金融機関では将来的に、より迅速なキャッシュレスシステムを構築できた金融機関が将来的に生き残れるという危機感が抱いている。その為、古い歴史を持つイングランド銀行であっても仮想通貨の開発力やメリットを無視できないと言えるだろう。

 

今後、イングランド銀行が実際に独自の仮想通貨を発行するのかは不明だ。しかし、既存のシステムに頼り切った運営を行うだけでは将来的に生き残れない事実だ。