このほど、2018の「中信クラウド科学技術モデル」シリーズのサロン活動において、中信グループのインターネット+転型作業グループのシニアマネージャーは、技術的な構造上、中信は現在3つの主要な技術を使用する。ブロックチェーンの技術を利用して、各種作業のラベルを中信連盟のプラットフォームに集約して、機構を横断させ、多次元に専門化することで中信連盟のラベル体系を生成する、これが正確なユーザーの全体イメージです。