今日、360会社Vulcanチームは、EOSの一連の危険なセキュリティ・ホールを発見した。これに対して、Usechainの創始者兼CEOの曹辉宁氏は、ブロックチェーンは1つの分布式の多施設共同の会計手法であり、このような会計方法は、私たちのシステムに対する信頼は、個人やスーパーノードに対する信頼ではなく、社会全体が相互に信頼されていることから、非常に安全であるということを示しています。現在の多くのプロジェクトは「偽ブロックチェーン」で、あるいは貨幣がないか、あるいは多施設共同の会計手法がないか。EOSは、偽ブロックチェーンの概念で、ブラック客の攻撃を受けやすく、各ノードは交代で取引を検証する。そして、ハッカーやスーパーノードの合同攻撃ネットワークが存在する可能性があるため、EOSネットワークは信頼されていない。21のスーパーノードが詐欺師を持つだけで、ネット全体に大きな影響を与える。今回の抜け穴はプログラム上の抜け穴で、スーパーノードのデザインは攻撃されやすく、スーパーノードを身につけたら、システム全体が把握される。