cryptonewsによると、スイスのブロックチェーン初の企業Envion(EVN)は、何人かの創始者が互いに詐欺の疑いを持たれていることを指摘し合っている。同社の広報担当者のChris Pfaffは昨年、IBMとドバイの指導者が取引を達成しているというメールの中で、先週に入ってきた過程で事実を発見したという。現在、4つの取引所(HitBTC、Token Store、IDEX、YoBit)でEVNは取引されている。