2018FINWISEサミットでは、IP産業の維優ドバイ取締役社長のAhmed AI-Galaghiはこう指摘しています。皆さんの懸念されているtokennizetionに注目しています。誰がそれらを監視するかに関心を持っていると思います。私たちは1つのメカニズムでtokenの価値が判断されることを必要としていて、同時に価値と性質を与えて問題を解決することが必要である。現在の各ブロックチェーンのプロジェクトはすべて独立していてそれぞれの重要な価値を交換することが出来ます。