ダチョウブロックチェーン速報4月25日の報道によると、インド暗号化通貨取引所Zebpayはすでにそのプラットフォームでトークン間取引を導入した。Zebpayはそのツイターで、現在押し出したはじめてのトークン間取引ペアはETH/BTCであり、今後はさらに多くのトークン間取引ペアを押し出す予定だと披露した。しかも該当機能は最初に限られたユーザーに提供すると発表した。

 その後、インド取引所Koinexは15個のトークン間取引ペアを押し出すと発表した。今週土曜日(4月28日)、インド暗号化通貨取引所Koinexは再度9個の無料トークン間取引ペアを増やし、現在は全部で23個の手数料無料の取引ペアがある。

 情報によると、Koinexは現在インドルビー法的通貨との取引にサポートする暗号化通貨は19種類ある。

 なお、インド中央銀行(RBI)は最近ビットコインの関連会社にサービスを提供する銀行に対して強烈な打撃を行った。RBIの禁止令により、デジタル通貨の関連会社は銀行のサービスが獲得できず、これらのサービスは企業の運営にとって欠かせないものである。

 また、インド三大ビットコイン取引所の一つであるCoinsecureは4月上旬に公式サイトで公告を発表して、該当取引所の438個のBTCが盗まれ、その価値は330万ドルに相当すると披露した。該当取引所のチーフ執行官のMohit KalraはCSO(チーム安全官)Amitabh Saxenaを容疑者と視し、すでにニューデリー警察へ訴えた。該当事件はインド最大のデジタル通貨盗難事件になった。情報によると、Coinsecureはインドで20万以上のユーザーを有している。