Coinnessの著者の分析によると BTC が 連続二日最下値を突破しなかったが、日線はまだ下降傾向が見れれ、反転信号がまだ現れない。 4 時間チャートでは BTC は横這いが続き、ボリンジャーバンドが狭くなり始めた、明日、プレートの変化に注意すべきである。しかし、プレートの変化傾向が不明確である。 上昇圧力フィボナッチ 61.8% ($7788) と下向きサポートの上昇トレンド ライン (2月6月 ―4月1日が 低接続、約$6800) まだ変化なし。 要するに、BTC の現在の傾向は少数の主要資金がコントロールしている気配がある。技術的角度から継続的横這いで短期的な動向を判断するのが難しく、減少傾向は変わっていないことが確認できるが、入場の明らかな兆候がない。