たくさんのビットコイン及びその核心開発者に支持している人が指摘したように、ビットコインキャッシュの理念がもっと中本聡の最初に白書に近いのだが、マイニング中心化及びその他のプライバシーと政府からの脱出に関する問題が現われたので、ビットコインはこれらの問題を減少する必要がある、金本聡もこれらのリスク(ASICマイニング、中国の決起など)を予測していなかったためである。

 最終的に、私はエフェクトが大きいトトークンが勝ち抜くと信じている、今は、例えビットコインの費用が高くて且つ確認時間が遅いとしても、それは依然として最も多くのネットワークユーザーと支持者が持っている。第二レベルで拡張を行う概念は正しくて、何れは必ず実践される、しかも核心開発チームは小さめのブロック(むしろ1mb以下-たとえば核心開発者のLukeの研究で最適な状態は350kbであると発見した)のほうがもっと彼らがビットコインに対する理念を実現するのに適していると考え、取引を第二レベルへ移すように要求した、この考えも正しいかもしれない。ビットコインキャッシュが分離した原因は彼らがビットコイン核心チームがビットコインに対する理念に挑戦したことであり、彼らの技術能力ではない。私の愚見では、ビットコイン核心チーム(Bitcoin Core)の決定は正しい、技術の面から言っても、その理念に符合している。

 私はツイターで調査を行い、ビットコインの最も魅力的な面(四つの選択肢しかなかった)を見つけようとしたが、その結果は予想とおりに、10%の人が気になっているのはビットコインの審査対応性である、彼らは自分のノードを運行して取引を認証する必要があるので、しかも彼らが最も気に掛かっているのはコストと金儲け(全く意外ではない)である。

 問題は:将来の12~24ヶ月以内の市場価値の判断に基づくと、どのトークンが最終的に市場に受け入れられるのかである。もし現在のネットワークエフェクトに基づけば、ビットコインは簡単に勝ち抜くのであろう。但し、もしビットコインキャッシュの開発理念がもっと優れていると証明することが出来て、しかも高額な費用の為にビットコインで運行できない企業を惹き付けることを通じてもっと大きなネットワークを設立できれば(中心化の某方面を犠牲にしても)、ビットコインキャッシュはもっと大きなネットワークエフェクトを生成して、もっと高いトークン価格が獲得するチャンスがある。

 ゴールド市場(価値保存)の推定価値は7万億ドルであり、通過市場(交換媒介)は100万億ドルを超えている。ビットコインキャッシュとビットコインの二者は何れもこの二つの市場で主導になりたがっている。

 最近リップルコイン(一種の高度中心化のトークン)が2+ドル(市場価値1,000億ドル以上)に激増したことから、我々は市場/商人が中心化を気にしていないことがはっきり見える。

 では、世界の大半の消費者が本当に欲しがっているのは何なのか?

 一つの廉価で快速なグローバル性通貨、或いはデジタルゴールド/価値メモリなのか?時間がいずれそれを応えてくれる。

 若しくは、私のパートナーのKyleSamani(私の暗号化通貨ヘッジファンドMulticoin Capitalプロジェクトで提携している)が述べたように――長い目から見ると、それらはいずれ一つになる……