5月17日、捜狐法律センターの马晓明氏は「ネット中継のプラットフォームがどのような侵略の責任を負うか」を発表した。文中によると、現在の人工知能、大規模データ、ブロックチェーン技術が日増しに成熟した背景において、スマートなコンテンツ分析のフィルタリング方法に基づいて、著作権管理と権利認識などの分野に応用し、生放送プラットフォームは内容審査メカニズムを完全に整えなければならないと指摘した。