近日、ニューヨークで開催されたInside Bitcoinsの会議で、ビットコイン投資信託(OTCQX:GBTC)創始者のバーリヒルベルト(Barry Silbert)は「アメリカ銀行家」のチーム編集者であるマークホクスティン(Marc Hochstein)と激しい弁論を展開し、その話題はまさしくビットコイン(トークン)とブロックチェーン技術である。ヒルベルトは初めて公開取引したビットコイン基金会の創始者として、当然ビットコインの立場に立っていた。

 現在たくさんの人が持っている観点では、ビットコインのベース技術ブロックチェーンは既存の金融体験を改善するのに使用できるが、全く新しい通貨をあらためて設立する必要がないのである。しかし、ヒルベルトと多くのビットコインコミュニティ内のメンバーはこの言い方に賛成しない、彼らはもしビットコインシステムにあるトーくんがなければ、ビットコインがその全ての優位性を発揮することができない。

 ブロックチェーンがよくて、ビットコインがよくない?

 ヒルベルトはビットコイン投資信託の進展を簡単に描いた後、ホクスティンは彼に、ブロックチェーン技術を使用するが、ビットコインのベーストークンを使用しないというアイディアを投げつけた、このような技術は新しい通貨が伴うのかどうか?ホクスティンからみると、ヒルベルトはビットコイン通貨のプロパティに対してもっと興味がある。その後素晴らしい逆算法を使用して応えた。

彼は、「ビットコインが人々を興奮させられる原因は、それが世界を変える潜在力があるためである。それの必要条件は充分に安全で、必ず大量な取引を処理する能力があることである。それが安全であることを確保する為に、それが成立する唯一の理由は、世界各地からのマイナーが精力、金銭と時間を費やしてビットコインを発掘していることである。彼らがそうする原因は彼らがいい公民だからというわけではなく、利益を求めているだけである。彼らが金儲けをする方式こそはビットコインの発掘を問うして奨励及び手数料を獲得することである、そのためもし彼らが金儲けするチャンスを奪おうとすれば、全体のネットワークが激励メカニズムを失い、ブロックチェーンの安全を確保することができなくなるのである。」と述べた。

 ここで指摘するべきことは、ヒルベルトの観点はブロックチェーンの全ての使用ケースに適用するというわけではないかもしれない。先日の会議で、ビットコイン2.0チームは「ビットコインが全てではない」という観点を主張した。会社と組織は完全な脱中心化を必要としていなく、あれらはもっと集中化した方式、例えばHyperledger及びEris Industriesが提案した方案を選ぶかもしれない。