Bitcoinist4月19日の報道によると、ビットコインの価値は遥かに過去のピークに達していないが、公衆がビットコインに対する認知度が高く、特にイギリス。

 イギリスではビットコインが聞いたことない人を見つけようと思えば、非常に難しいである。

 D-CYFORのデータによると、現在93%のイギリス人はデジタル通貨が聞いたことがある。2017年11月から2018年1月、この数字は2%上昇し、去年11月より13%上昇した。

 D-CYFORは普通大衆がビットコインを聞いた事があるかどうかを考量しただけではなく、彼らが不安定なデジタル資産の態度を評価した。

 データによると、56%の回答者は政府がデジタル通貨取引所を管理監督範囲に収めたとしても、彼らはビットコインに投資しないと示した。33%の人は政府が関連法律を制定したら、デジタル通貨を購入するかもしれないと示している。

 政府が暗号化通貨業界を取り締まるかどうかに関わらず、普通の民衆はあまりビットコインなどのデジタル通貨に期待していないようである。

 ビットコインの将来の傾向について、32%の回答者は将来の6ヶ月でビットコインの価値が下落すると予測し、ひいては29%の人はデジタル通貨はゼロになると考えている。

 この二つのデータは何れも2017年11月の統計より高い、当時のイギリス暗号化通貨市場は一晩で大金持ちになる夢に陥っていた。

 ロンドンビジネスの報道によると、すでにデジタル通貨に投資している会社の中に、50%は一年以来にデジタル通貨に対する投資を保つと示し、22%の会社は5年以上保つ意欲を示し、残りの28%の会社は分からないと述べている。

 D-CYFORの調査結果はイングランド中央銀行が暗号化通貨に対する不信感、或いは該当機構が自分に属した、ボンドにサポートされるデジタル通貨を発行しようとしていることも示した。しかし60%の回答者は彼らがこのような措置には指示しない表し、53%の若い世代は彼らがそうするかもしれないと示した。