Web1.0 & Web 2.0

 インターネットweb1.0は20世紀80年代から21世紀初めまで、インターネットサービスはインターネットコミュニティにコントロールされる公開プロトコルに構築されていた。個人或いは組織が彼らのインターネットの存在を増加し、ルールが変えられる心配がない。

 この時代では、ヤフー、グーグル、アマゾン、Facebook、LinkedInとYouTubeを含めた大量なインターネット大手が現れた。この過程中にAOLのような中心化プラットフォームの重要性が大きく弱化した。

 インターネットweb2.0においては、2005年以降から今に至り、スマホの爆発的な成長によって、グーグル、Apple、Facebookとアマゾン(GAFA)を含めたインターネット大手が構築したソフトとサービスのプロトコルがもっと公開になった。モバイルアプリケーションはインターネットネットワークの主要な使用方式となった。

 最終ユーザーは公開サービスからもっと複雑で、中心化したサービスへ歩んだ。ユーザーは依然として公開プロトコルを通じてインターネットソフトとサービスをしようしているものの、これらのソフト及びサービスは通常四大インターネット大手GAFAにコントロールされており、最終ユーザーが使用している公開プロトコルネットワークサービスは益々中心化になりつつある。

 よいお知らせは、数十億人がたくさんのもっといいモバイルネットワークサービス及び体験を取得し、しかも大半は無料である。悪いお知らせは、大半の人にとって、インターネット創業がもっと困難になり、彼らは大手たちがインターネットのルールを変え、彼らのユーザーと利益を奪い取るのを心配している。それによって四大科学技術大手FAFAにコントロールされているインターネットは逆に革新を抑制し、インターネットがさほど面白くて活躍でなくなった。

“Web 3.0” - インターネットの三つ目の時代

 このようは中心化現象の一つの反応として、政府がインターネット大手に管理監督を施したことである。しかし問題は、このような対応は任ターネットが過去の通信ネットワーク例えば電話、ラジオとテレビネットワークと類似していることに仮定している。過去のハードウェアに基づくネットワークは現在のソフトウェアに基づくネットワークとは違うのである。

 ハードウェアに基づくネットワークが構築されれば、ほとんど再構築が不可能である。しかしソフトウェアに基づくネットワークは企業の革新と市場のパワーにより再構築を行うことができる。インターネットはソフトウェアに基づくネットワークであり、比較的に簡単な核心ユニットと辺縁の十億個のプログラミングが可能なコンピュータにより接続して組成されるものである。

 ソフトウェアは人類思惟のコードであるので、無限に近い設計空間がある。コンピュータがインターネットに接続さえすれば、それが欲しがるあらゆるソフトウェアを自由に選択して運行することができる。どんな考えがあっても、適した激励さえあれば、何れもインターネットを通じて迅速に伝播できる。インターネット構造は技術革新と激励設計が交叉する場所である。

 インターネットは依然として進化の初期にある:核心インターネットサービスは将来の数十年以内でほとんど完全に再構築される。これは暗号化経済ネットワーク(crypto-economicnetworks)により実現される。それは最初ビットコインから起源し、エテリアムは暗号化技術をさらに発展させたのである。暗号化技術のネットワークはweb1.0とweb2.0のメリットをもっとよく結合し、コミュニティ管理、脱中心化ネットワーク、その機能は最終的に最も先進的な中心化サービスを越えると思われる。