暗号化経済学(cryptoeconomics)、スペルチェックする時に「辞書へ添加」をクリックしないといけないくらい新鮮な術語である。字面意義からこうして理解することが出来る、暗号化経済学(Cryptoeconomics)の出所は二つの語彙で、暗号学(Cryptography)と経済学(Economics)である。

 エテリアムコミュニティ開発者のVlad Zamfirはこの術語に対して下記のように解釈した:

 暗号化経済学は一つの独立した学科であり、その旨は脱中心化デジタル経済学中のプロトコルを研究することであり、これらのプロトコルは商品及びサービスの生産、分配と消費の管理に使用される。それは一つの実用科学であり、重点的にあれらのプロトコルの設計と画定方法を研究する。

 暗号化経済学の最大な意義は脱中心化コンセンサスシステムの安全、安定、積極性と秩序を保証することである。ここでは我々は四つの言葉に触れており、安全と安定は主に暗号学メカニズムに頼って実現し、積極性と秩序は経済学メカニズムに頼って実現するものである。

暗号化経済システムの安全と安定メカニズム

 現代暗号学は20世紀末期に大量に現われた関連暗号理論から起源し、数学とコンピュータ科学の分子であり、同時に情報論にも大量に関連している。暗号学の手段は情報に対して下記の処理が実現できる:

  情報のプライバシー化処理

  情報完全性を検証する処理

  発表した情報の否認不可の処理(逆転不可)

  内外部の情報安全、攻撃防止の処理

 

 ブロックチェーン技術の運行中に複数の暗号学関数を使用している、例えばハッシュ関数、リングサイン、セキュリティマルチ計算、ゼロ知識証明、同状態暗号化など。ハッシュ関数を例として、一つのハッシュ関数に下記特性がある:

確定性:同じハッシュ関数で何回解析しても同じAを入力すれば、必ず同じ出力h(A)が得られる;

高効率な計算:ハッシュ値を計算するプロセスは高効率である;抗原イメージ攻撃(隠匿性):一つの既定な出力結果h(A)に対して、入力Aを逆算しようと思うのは、計算上は不可能である。

衝突抵抗性(弱衝突抵抗性):あらゆる既定のAとBに対して、B≠Aに満足し、且つh(A)=h(B)のBを見つけるのは、計算上は不可能である。

些細な変化の影響:あらゆる入力エンドの些細な変化は何れもハッシュ関数の出力結果に対して激しく影響する。

パズルの友好性:あらゆる既定のハッシュコードYと入力値Xにとって、h(k|x)=Yに満足するK値を見つかるのは、計算上は不可能である。

 なので、ブロックチェーンでハッシュ関数を使用すれば、その特性を通じて情報の安全保護、検証可能、逆転不可などの処理が実現でき、ブロックチェーンのシステムを安全、安定にすることができる。