ビットコインブロックチェーン場外OTCトークン間取引プラットフォームの開発は時間の順番に基づいてデータブロックをチェーンの方式で特定のデータ構造に組合せ、暗号学の方式で改竄不可、偽造不可の多中心化した共有アカウントを保証している。

 ブロックチェーンの特徴:ブロックチェーンは一つの電子分類帳簿であり、即ち取引リストである。これらの取引は原則上ほとんど全てのものが代表できる。

 ブロックチェーンデータの認証、貴重、ストア、維持と配信などのプロセスは何れも分散式システム構造を基にしている。中心構造ではなくて単純な数学方法を採用して分散式ノード間の信頼関係を構築することによって、多中心化した信用可能な分算式システムを形成するのである。

 ブロックチェー技術のメリット

 「ブロックチェーンは一つの旧友の分散式データベース技術であり、その優位性は主に分散式多中心化、信頼システムが不要、改竄不可と暗号化した安全性の三つの方面に反映される。

1、分算式多中心化

 ブロックチェーン中の全てのノードとマイナーは何れも同じ記帳取引ルールに従わないといけない、そしてこのルールは信用ではなくて暗号化アルゴリズムを基にしている、同時に全ての取引にはネットワーク内のその他のユーザーの許可が必要なので、多中心化の取引システムは第三者仲介機構或いは信用機構の裏書が不要である。

 そして今は、伝統的な取引システムであろうが、第三者取引システムであろうが、何れも中央帳簿のシステムを基にしているので、中央帳簿は情報管理員の役割を担っており、全ての取引に第三者仲介或いは信用機構の裏書が必要となり、これは中心化の取引ネットワークに属する。

2、信用システムが不要

 ブロックチェーンネットワークの中に、アルゴリズムの自己制約を通じて、あらゆる悪質なシステムを騙す行為は何れも他のノードに排斥、抑制される。そのため、ブロックチェーンシステムは中央権威機能のサポートと信用裏書に依存しない。

 伝統的な信用裏書ネットワークシステムでは、参加者は中央機構に対して充分信用していないといけない。ネットワークに参加する人の増加に伴い、システムの安全性が劣る。伝統の状況と逆で、ブロックチェーンネットワークの中で、参加者はあらゆる人に対する信用も必要がないが、参加するノードの増加に伴い、システムの安全性が逆に増えて、同時にデータ内容は完全に公開することができる。

3、改竄不可と暗号化の安全性

 ブロックチェーンは一方方向ハッシュアルゴリズムを採用し、同時に全ての新しく生成されたブロックでも時間の線形順序に基づいて推進される。時間が不可逆なので、あらゆるブロックチェーン内のデータ情報を改竄しようとする行為はすぐに追跡されて、他のノードに排斥されるので、不法行為を制限することができる。

 該当アルゴリズムにコンセンサスが達成すれば、ネットワークにある全てのコンピュータは同時にその分類帳簿の副本を更新する。もしその内のあらゆる側がコンセンサスが達成されていない状態で分類帳簿に条目を添加しようとしたり、条目を遡って変更しようとした場合、ネットワークのほかの部分は該当条目が無効であると自動的に判定する。

 ブロックチェーン技術は非対称パスワード原理を採用してデータに対して暗号化を行っている、同時に分散式システムの各ノードのワークプルーフなどのコンセンサスアルゴリズムを借りて強力な研鑽力を形成して、外部からの攻撃を防御し、ブロックチェーンデータの改竄不可と偽造不可の特性を保証しているので、高い安全性がある。

 トークン間取引所の将来の発展:将来、デジタル通貨は必ず益々増える、トークン間取引所は非常に優れた収容プラットフォームであり、大型資産が分割される国際化プラットフォームでもある。ブロックチェーンのベース技術が発展しつつあり、世界各地の場面応用へ羽ばたき、ブロックチェーンの上層建築として、トークン間取引プラットフォームの将来の発展空間がもっと広いかと思われる。