物流分野におけるブロックチェーンの活用はかねてより、計画されてきた。1つの製品を作るにあたっても、世に流通する製品はパーツの組み合わせであり、製作会社は記載されるもののそのパーツがどこから来たものなのかまだは、消費者や利用者からは見えない。


工業用の製品やパーツのみでなく、ユーザーの手元に届く商品が正規のパーツや製法で作られたものなのか証明するものはない。しかし、ブロックチェーンを用いた場合、末端のパーツの流れから、流通先まで把握することが可能となる。つまり、ブロックチェーンを用いたサプライチェーンの追跡によって自社製品が正規の方法で作られたものだという証明に繋がる。


・コモンウェルス銀行のサプライチェーン追跡について

コモンウェルス銀行のサプライチェーン追跡は、イーサリアムのネットワーク上に作成したブロックチェーンを用いて行われた。サプライチェーン追跡の目的としては、コモンウェルス銀行や物流会社など多数の企業がかかわる製品の透明性の証明、業務の効率化などだ。


加えて言えば、サプライチェーンの追跡によって犯罪の防止にもつながるため、コモンウェルス銀行の取り組みをモデルケースとして、世界的にサプライチェーンへのブロックチェーン技術の採用が増加すると見られる。


・物流とブロックチェーン

物流分野におけるブロックチェーンは、開発を行っている企業は非常に多い。IBMやアウディなどの企業も研究を行い、実用化を急いでいる。


ブロックチェーンの利用はサプライチェーンの信用性を担保するためのものだ。ブロックチェーンの利用で製品の品質を確保し、犯罪を防止したうえで正当なルートから入荷したものだという証明につながると言えるだろう。


今後、ブロックチェーンの開発が進むにつれてサプライチェーンにおいても各企業の特許申請が増加していくことは明白だ。そのため、ブロックチェーンの開発は世界的な競争の段階に入ったと言っても過言ではない。サプライチェーンでのブロックチェーンの活用に着目していこう。