アメリカインディアナ州が仮想通貨で納税する法案を提出し、アメリカインディアナ州は「仮想通貨納税」の法案を提出した。同州政府は、仮想通貨導入の納税手段として法案を改正した。法案の大綱には、「人々が承認された仮想通貨を使って納税することを許可する」という。この法案第20条の規定によると、「行政管理予算局(OM)は、必要なときに、地方政府の財政部門と国務院収入部門が承認した仮想通貨間の為替レートの基準を決定する」と規定している。また、同法案は、「財政部は、複数の仮想通貨の税金、特別評価、罰金、利息、コスト、またはその他の責任を承認することができる」と規定している。税務当局は、仮想通貨で税金を支払う領収書を発行しなければならない。