ビットコインキャッシュは、20181115日のハードフォークへの対応についてコミュニティ内で争いが起きていた。結論として、ビットコインABCとビットコインSVという派閥に分かれたうえで統合されることはなく、分裂という対応になった。

 

また、ビットコインキャッシュへの仮想通貨取引所の反応も右往左往する事態となり、市場に軽い混乱をもたらしていた。では、結果として分裂したビットコインキャッシュは今後どうなっていくのか。

 

・内輪揉めからの収束は遠い

ビットコインキャッシュが分裂したことから、ABCSVの対立は収まったかと言えば、結論は異なる。対立したうえで、SV側はハッシュやスパムを用いた攻撃をABC側に行っていくことを表明した。

 

ビットコインキャッシュは、ビットコイン以上の処理能力を有する仮想通貨だ。その為、ビットコインを世界中に広めたロジャー・バーは、ビットコインキャッシュを「本物のビットコイン」だと称していた。

 

もっとも、今回の分裂によって、ビットコインキャッシュそのものが市場に混乱をもたらしており、今後もSVABCの対立が続くようであれば、ビットコインキャッシュの市場的な立ち位置は大きく後退することになるだろう。

 

国内の仮想通貨取引所に至っても、ビットコインキャッシュを巡って非常に慌ただしい動きを見せている。例えば、Liquid by Quoineは当初ABC側のみをサポートすると表明していたものの、結果としてSV側もサポートを表明した。

 

また、多くの取引所はABC側をビットコインキャッシュと明記することを発表しているものの、取引所の対応と今後の状況によってはSV側の仮想通貨をビットコインキャッシュと明記するようになる可能性がある。

 

もちろん、時が経てば自体は収束していくものの、取引所としてもビットコインキャッシュは現状では扱いにくい通貨の1つとなってしまっており、問題が大きくなればなるほど、取引自体に問題が出てくるだろう。今後のビットコインキャッシュの動向には、要注意だと言える。