これは物々交換の時代ではなく、新しい支払いビジョンである。

 あなたはAの床屋で散発した後に、Bの手形で払おうとしていたが、BAのことが知らない。偶然にも、Cの友人圏にAがいる、だがあなたたち四人は何れも統一のネットワーク支払いサービスをしている。では、次から発生することは:CBの手形を受取り、ACに同じ金額の手形を発行する。これらの行為は何れもインターネットを通じて完成している。Cにとっては損も得もないが、四人の取引を完成させた。

もっと複雑にしよう。

あなたはCBAは何れも違う通貨を使用しているが、自分で銀行を通じて両替しなくても、この支払うプラットフォームは自動的に為替レートの換算を行ってくれる。

この支払いシステムこそRippleである、人間関係のネットワークとビジネスネットワークの中で金融取引を提供するインターネットプロトコルである。

 これは支払いの将来なのか?

 強化版のビットコイン

 より自由で便利に取引するために、人々は真実な通貨を取って代わることができるものを創造し続けているが、相次いで登場したバーチャル通貨は何れも寿命が短かった。2009年、ビットコインは支払いの革命を持っていきなり登場した、それから現われたのはライトコイン、インフィニティコイン、クアークコイン、ゼタコインがあった。現在、世界で百種類以上のデジタル通貨が発行されている。しかし、ビットコインは2013年にジェットコスターのような騰落を経歴し、追放、封鎖までされて、バーチャル通貨に対する心配が再び浮かび上がった。こんな時に、Rippleが頭角を現した。

 実際、Rippleはビットコインの先輩である。

 2004年、カナダのエンジニアであるライオン・フゲールはRippleの一つ目のバージョンを創造した。しかしRippleはずっと少数派であった、それはRippleの設計構想は知り合いの人脈と信用に基づいているためである。Rippleのネットワークを使用して送金或いは賃借を行うために、その前提はネットワークに友人が存在することであり、さもなければ該当ユーザーと他のユーザーの間で信用チェーンを構築することができない。

 2012年年末、アメリカは初めて個人信用支払いを導入して住宅ローンの返済プラットフォームの創始者であるクリス・ラーソンは、ビットコイン取引プラットフォームMt.Gox創始者のジェド・マイクライブと連携して、サンフランシスコでOpencoin社を共同で設立し、Rippleを引き継ぎ、この彼らの中で「将来の支払い」を代表するプラットフォームの構築を始めた。

 Rippleとビットコインの区別は?ビットコインと距離を置き、自分をもっと美しくするために、Rippleのチーム技術総監であるストボン・トーマスは重要な区別を示した:

 Rippleはもっと透明である;騰落のリスクがない;取引スピードがもっと速い。ビットコインの取引が確認されるまで通常10分間以上掛かるが、Rippleの確認はリアルタームであり、5秒しか掛からない。

 Rippleは多種の通貨にサポートし、米ドル、ユーロ、人民元、日本円などが含まれる、取引は数秒間で完成され、取引手数料はほぼゼロで、銀行間、地域間及びクロスボーダーの支払い費用が発生しない。将来は全てのバーチャル通貨にもサポートする可能性もある。Rippleネットワークは自動的に為替レートの換算を行う。

 この点から見ると、Rippleはビットコインの進化強化バージョンであり、しかもそのネットワーク機能はビットコインを遥かに越え、現実とバーチャル通貨の双方向の流通が実現できる以外、通貨間の両替と支払い、それからクレジットと個人決済までサポートしている。

 20134月から、Opencoinはグーグルリスク投資、アンドソン・ホロヴィッツ、IDG資本、核心イノベーション資本などの機構からの650万ドルのエンジェルとシード資金を獲得した。

開放的なプロトコル

Rippleは世界初の開放式支払いネットワークであり、支払い革命の主力になる。

 201310月、北京で2013インターネット金融イノベーションサミットが開催され、トーマスは会議で演説を発表し、益々安全と益々開放はネットワーク支払いのトレンドであると示した。

在 しかし今まであらゆる形式の支払いシステムは何れも記帳単位が必要である。例えば世界最大の支払いプラットフォームであるPayPalはドルを使用しているが、中国のアリペイは人民元を使用している。

 トーマスは、Rippleはこのような支払いネットワーク間の取引が実現できると述べた、「開放的なプロトコルで、誰でも介入できるようにすることにより、ネットワーク間のコミュニケーションを可能にした。」

 Rippleはクロスボーダー支払いに第三者が必要な問題を解決した、「Rippleには第三者の必要がない、第三者はネットワークのプロトコルに隠れている。」

 例えば、ABに送金しようとしている時に、Aにアリペイの口座しかなくて、Bにアメリカ銀行の口座しかない、これはよくある難航する状況である。すると、非常に信用できる人を見つけて、その人にはアメリカ銀行の口座も、アリペイの口座もないといけなく、しかもその人はドルを払ってくれて、アリペイで決済することに応じてくれないといけない。Rippleを使用すれば、特定な第三者が不要で、見知らない人でも、機構でも構わない。

 トーマスの解釈によると、Rippleネットワークは一つのプロトコルであるため、自動的に価格が最適なルートを見つける。例えば人民元でドルに両替する時に、Rippleが取引時にまず人民元でビットコインに両替してからドルに両替するようすれば、得られた価格が合理的であると算出した場合、Rippleネットワークは自動的にこのプロセスを実行する。

 彼は、「Rippleが見つけようとしているのはあなたの口座と他人の口座間の最も短い接続である。」と述べた。

 Rippleはオープンソースのバーチャル通貨支払いシステムであり、それのターゲットは脱中心化で、あらゆる人が自分の通貨の作成を許可するバーチャル通貨システムを構築することであり、唯一必要なのは流通通貨であなたのバーチャル通貨を変えてくれる人がいることである。