金財経は、IPFSの伝道者の陳天一を取材した。これは、技術的な面では、コードであれば、バグの存在になる可能性があるという。これはプロジェクトの複雑さと、コード人員の素質、プロジェクトの管理能力に関係があります。しかもそれは避けられない。歴史には似たような経過をたどる例がある。例えば、日本の東京証券取引所の当時の烏龍事件は、バグ問題で400億円(当時の約27億円)の損失を招いた。EOSのことは初めてではなく、最後になるわけではありません。ブロックチェーンの分野はコンピュータのコードに依存しています。これからもっと重視して、工程管理能力とプログラムのコード能力を強化します。できるだけ似たようなことを減らします。