あれは最も美しい時代、あれは最悪な時代;あれは叡智な年月、あれは無知蒙昧な年月;あれは自信満々な時期、あれは思慮が重なる時期;あれは小春日和の季節、あれは暗闇に覆われる季節;あれは希望が満ちた春で、あれは絶望な冬;僕たちの目の前に何でもあり、僕たちの目の前に何にもない;我々は皆が天国へ直行;我々は皆地獄へ直下――簡単に言えば、あの時代は当今のこの時代と驚くほど似ている、なのでずっと言い争っている権威者たちも、良し悪しを問わず、「最も…」で評価するしかないと認識している。―――「A Tale Of Two Cities」チャールズ・ディゲンズ

 チャールズディゲンズより私が2017年に対する色んな思考を精確に概括できるよりがいない。2017年年初の現われた色んな可能性は暗闇に覆われているようだが、2018年に必ず曙を迎えることが出来るとの予感がある。

 私はこの文章を書いて、私から見たビットコインとビットコインキャッシュの間の主な区別を表明しようと決めた。本文の意図は中立を保ち、しかもこの二種類のトークンの支持者に審査をしてもらい、彼らは何れも本分が合理で公正に二つの陣営の観点を表現できていると認めている。

 2017年年初から、私は暗号化通貨の世界が齎したブームがもう一回のビットコインバブルを引き起こすと心配していた(これはその後の弱気相場の中でビットコインが引き続き過剰評価されると意味する、この前の三回と同じように――ビットコインはこれで消えるというわけではない!)。本文を書くときに、ビットコインの価格は2017年12月月初でピークに達し20kドルに近づき、その後12kドルまで下がり――今は13kドル前後で徘徊している。ビットコインは完全に崩壊するバブルだというわけではない、だが、皆はどうやら修正措置を取っているようである。つまり、ビットコインにとって、これは依然として非常に健康的な固い状態であるが、私が最も心配している病態的な繁栄はすでに快速に発展している世界の暗号化通貨愛好者コミュニティのメンバー全員がビットコインに対する積極的な態度に克服されたのである。

 私が書いたもう一つの主要問題はすでに真実に発生したいる:ビットコイン分岐、二つの主要分岐コインが現われた、即ちビットコインとビットコインキャッシュ。

 ビットコインキャッシュが成功に分岐した、分岐する時に、その価値は約100億ドル(現在は400億ドル以上)、これに激励されて分岐をしたほかの人もたくさんいる。その結果、今はビットコインゴールド、ビットコインダイヤモンドなどが現われた。

 2017年年初、私は公開でビットコインの下落を予測した。その理由はもし拡張問題が解決できなければ、市場は高額なビットコインの価格が引き起こす高額な手数料を耐えることができないと本当に考えていたからである――しかしビットコインの支持者の間で流行っている観点はどうやら変わっている、現在、ビットコインは「デジタルゴールド」或いは「価値メモリ」と視され――手数料が低廉なデジタル通貨として視されていないのである。