韓国電力(KEPCO)は、社内外の文書の偽造を防止するためにブロックチェーン技術を使用する準備を進めており、現在、会社内でブロックチェーンシステムを開発しており、7月よりシステム開発会社を選ぶ予定であると述べた。 KEPCOによると、ブロックチェーンの開発後、優先的に現場証明書やソフトウェア品質検査報告書などの証明書類に適用することが望ましいとのことである。