ロシアの大手銀行である「Alfa-Bank」と「Sberbank」では、仮想通貨の取り扱いを検討中であることが分かった。仮想通取引所ではなく、あくまでも金融機関として仮想通貨を取り扱うことになる。

 

・大手銀行による仮想通貨取り扱いの影響力


今回、ロシアの大手金融機関が仮想通貨の取り扱いを開始することを発表した。内容としては、社会的に安定した価値と信頼性を持つ通貨を取り扱うことで、ロシア国内の仮想通貨普及を促進させる狙いもある。また、金融機関で使用されることで、仮想通貨に対して自由度の高い使用方法が可能となる

 

ロシアでは独自の仮想通貨発行のニュースが度々流れるほど、仮想通貨とブロックチェーンの技術に対する関心が高い。その為、金融機関が仮想通貨を利用したサービスを開始することも政府として止めることはないと言えるだろう。むしろ、ロシア政府としては仮想通貨をなじみの深い通貨として国民に浸透させられる絶好の機会ともいえる。

 

・ロシアの今後と金融機関

 

仮想通貨を取り扱う為には、常にあらゆるセキリティを万全とする必要がある。仮想通貨は、ネットワークへの攻撃に弱く、金融機関のネットワークとは別のベクトルの対策が必須だろう。しかし、金融機関で仮想通貨を取り扱うメリットは少なくない。

 

例えば、従来のATMで仮想通貨の送金・受取・預け入れが行える可能性が出てくる。また、銀行側としても仮想通貨のシステムの利用により、コスト削減に繋がる部分もあるだろう。世界でも仮想通貨のネットワークを利用するシステムは既に存在するが、金融機関として仮想通貨を取り扱うケースは非常に

 

また、ロシアは国として仮想通貨の技術の開発において、非常に前向きだ。国内における仮想通貨の立ち位置は浸透しているとは言えない状況だ。しかし、国の代表であるプーチン大統領も仮想通貨の国内での法律を策定しつつ、研究・開発を進めている。ロシアの国際的な立ち位置の問題もあり、今後もロシアでは仮想通貨に対して前向きなサービスや取り組みが実施されていくだろう。