本日の会議で『ブロック チェーン革命』の著者デジタル エコノミーの父と称されるドン ・ タプスコットは 中国のブロック チェーンに対する熱意が非常に高いと考えている。ドン ・ タプスコットは会場で ICO とトークンのトランザクションのカテゴリは7つの角度から考えられると述べた。1. 法的通貨とトークン 2. プラットフォーム コイン:インターネット時代のWebプロトコルと類似する  3. 応用型トークン: 共有リソースのなかでさまざまな貢献者に報酬を与える。  4. 資産トークン:例えば 金などの一般商品。証券ではないため、証券の規制に準じる必要がない; 5. 証券トークン: たとえばオプション先物。これらのトークン資産は証券の規制に準じる; 6. コレクティブ資産: デジタル資産の「ダブル問題」を解決する必要がある。例えばデジタル製品の独自性を達成する問題; 7. 法的仮想通貨: ドンは、仮想通貨の規制により人民元の価値を安定させられる。将来法的仮想通貨を励まし、または法的仮想通貨の発行により経済発展を促進すると考えている。