先日マルタ総理のツイターにリフレッシュされたことが未だに覚えている、彼は、デジタル通貨取引プラットフォームがマルタへの進出を歓迎する、マルタのも公卿はブロックチェーン企業管理監督と世界一流金融技術企業の品質と選択に関する管轄権において世界の先駆者になることであると発表した。マルタの「過激」と比べると、他の国のやり方は若干保守だが、それでも積極的に推進している。例えばオーストラリアは世界で少数のビットコインなどのデジタル通貨の取引と流通を全面的に開放した国として、次々と数回の立法を通じて、デジタル通貨が主流社会への進入にサポートした。特に四月以来、関連部署は相次ぎ一連の措置を打ち出し、正式に暗号化通貨を管理監督に取り入れ、これもデジタル通貨が豪州において完全合法化にされた標だと思われる。次は、デジタル通貨が豪州での合法化の過程を説明しよう。

  2013年6月、オーストラリア税務局はビットコインの取引に商品とサービス消費税(GST)即ち二重徴税制度の執行を確認した:暗号化通貨を購入する際に徴税され、暗号化通貨を使用して納税が必要な物品を購入する時に再度徴税される。

 2017年10月、オーストラリアは少しの法案を打ち出し、長期的に争議が存在する暗号化通貨の「二重徴税」問題を終わりにした。

  2017年12月、オーストラリア両議院は「マネーロンダリング対策とテロ対策融資法案2017年修正案」を通過した、通過した法案修訂案にデジタル通貨は財産/資産ではなく、一種の価値のデジタル表現形式に過ぎないと明確にした。該当修正案は既存の基礎上でデジタル通貨に対する管理監督の内容を増やし、暗号化通貨の非法使用を打撃するのと同時に、Austracに暗号化通貨の取引を管理監督するように授権した。

 2018年4月、オーストラリア公的金融機構Austrac公告を発表し、暗号化通貨領域の取引プラットフォームにマネーロンダリング対策/テロ対策融資の新しいルールに従うように注意喚起し、それから暗号化通貨取引プラットフォームが負担すべき新しい義務も羅列した。

 Austracはレポートの中で2018年4月3日から、6ヶ月間の過渡期間を実施し、この期間内では、もし暗号化通貨取引所が合理的な措置を採取して関連条項に従わなければ、Austracは強制措置を採取する、また、取引所での登録申請が審査機関であれば、既存の取引所は過渡期間の段取りを通じて引き続きサービスが提供できると披露した。同時に、Austracはレポートで、もし取引所は登録していない状態で取引サービスを提供した場合、刑事告訴と処罰が課されると強調した。登録していない場合、初めての違法者に対して、2年間の監禁或いは500個の罰金単位の処罰或いは同時に罰される、具合が厳重な違法者に対して、7年間の監禁或いは2,000個の罰金単位の罰金或いは同時に罰され、厳格責任(故意であるかどうかに関わらず)に適用すると決めた。登録情報には:氏名、適正な書類、登録発効時間、登録者の詳細情報などが含まれる。Austracは取引サービス提供者が登録する際に一部の付加条件を加えることができる、例えば取引金額の制限、取引数量の制限、デジタル通貨の種類の制限、特定通貨或いは特殊取引がAustracに通知する必要があるなど。Austracはサービス提供者の資格を取り消すことができ、サービス提供者も自ら登録システムから撤退することが要求できる。現在すでにCoinSpot、Blockbidなどの複数の取引プラットフォームが申請を提出したそうである。