過去の一年の中で、エテリアムの市場価値が大幅に上昇した。世界暗号化デジタル通貨領域の市場価値二位を記録するエテリアムの市場価値は約720億ドルに達し、過去の一年でビットコインに挑戦を発起した。エテリアムはすでに世界暗号化デジタル領域における重要な地位を確立してと言っても過言ではない。

 しかし、エテリアムの地位は脅威を受けている、アメリカの監督管理機構はエテリアム或いはそれが2014年にユーザーへトークンを発売した行為を証券として扱う可能性がある。アメリカ商品監督管理機構はすでにビットコインが商品であると宣言しているが、アメリカ証券取引委員会はエテリアムを株式として扱う行動を採取し、その登録、情報披露と投資者の適切性に対して厳格な要求を行うかと思われる。エテリアムはその他の全ての暗号化デジタル通貨とほとんど同じように、最初に発売した時に上記のあらゆるルールにも遵守していなかった。

 データ提供業者Coinscheduleのデータによると、過去の一年間で、エテリアム自身はすでにトークンを発行する理想的なプラットフォームとして発展した。過去の一年間で、エテリアムプラットフォームを通じて募集した資金は100億ドルを超えているが、ほとんど監督管理がなかった。もしアメリカ証券取引委員会はエテリアムを証券として認定した場合、大量な資金を該当プラットフォームに投入したユーザーに大きな打撃を及ぼし、発行者と取引時を含めたたくさんのキーポイント的な主体を窮地に追い込むことになるのであろう。