1月20日までに、37のブロックチェーンコンセプト上場会社は2019年の業績予想を披露し、7割を超える会社の前喜を発表しました。
業界関係者によると、ブロックチェーンは大規模な応用基礎を備えている。
ブロックチェーンが政務、貿易金融、倉庫物流など多くの分野に広がっていくにつれて、2020年または集中的に着地し始めます。
全体の業績は良好で、この37ブロックチェーン概念会社の全体業績は良好です。
このうち、予喜会社は27社で、70%以上を占めています。
上記27社の予喜会社の中で、10社は増配して、1社は継続して利益を上げて、8社は赤字を取って、8社はやや増加します。
その中で、7社は2019年通年の業績の倍増を予想しています。それぞれ金溢科技、農産物、安居宝、エジエル、信雅達、インターネット、恒生電子です。
金証株式、御銀株式、卓翼科技、マダ数字、久其ソフト、広博株式、飛利信及び中元株式は2019年に赤字を実現する予定です。
為替資金の株式は2019年に引き続き黒字になる見込みで、波の情報、美盈森、新晨科学技術、中科軟、華宇ソフト、全志科学技術、紅相株式と朗科科学技術は2019年通年の業績がやや増加する見込みです。
中信証券研報によると、ブロックチェーン業界全体はまだインフラ構築の初期段階にあり、ブロックチェーン技術の業界リーダー、情報技術会社、科学技術大手会社を配置するとボーナスが期待される。
一定の技術備蓄があり、かつ技術をその業界のトップ企業に応用できることを提案します。
資料によると、恒生電子ブロックチェーン技術はすでに電子預金証、情報開示、資産デジタル取引、サプライチェーン金融及び投資融資などの分野に応用されている。
宇宙飛行情報は「1+4+N」のブロックチェーン技術と製品体系を形成し、ブロックチェーンデータ共有プラットフォーム、電子預かり証プラットフォーム、データ安全管理プラットフォーム及び品質追跡プラットフォームの四つの応用プラットフォームを支えとして、税務、政務、民生、金融、軍工などの分野に解決案を形成しました。
業界応用は中国ネットワーク情報安全弁公室が発表した国内ブロックチェーン情報サービス登録リストに基づいて、合計500個以上のサービス項目が入選され、アリ、騰訊、百度、京東、ファーウェイ及び関連銀行、上場会社の項目は全部本に登録されています。
2020年1月14日、商務部など8部門は「サービスアウトソーシングの転換とアップグレードを促進するための指導意見」を発表し、2035年までに、中国のサービスアウトソーシング従業員の年間平均生産額は世界トップレベルに達したと提出しました。
情報技術アウトソーシングの発展をサポートし、企業のクラウドコンピューティング、基礎ソフトウェア、集積回路設計、ブロックチェーンなどの情報技術の研究開発と応用を国家科学技術計画(特定項目、基金など)のサポート範囲に組み入れる。
最近発表された「国家級新区の改革・革新の深化を支援することに関する指導意見」によると、ブロックチェーン技術と産業革新の発展を加速させ、「ブロックチェーン+」モードを探索し、ブロックチェーンと実体経済の深度的な融合を促進する。
国海証券は2020年にブロックチェーンの応用が集中的に着地する年になると予想しています。連合チェーンは主要な着地方式になります。
現在の状況から見ると、医療、モノのインターネット、身分認証、ゲームなどの関連分野において、ブロックチェーンの試験性質の応用事例が絶えず出現しています。
企業側は、国家電網がブロックチェーンの十大応用シーンを発表し、建設銀行が「ブロックチェーン+貿易金融」技術を模索し、中国移動と銀聯がブロックチェーンサービスプラットフォームを展開した。
国盛証券によると、ブロックチェーン業界の応用が着地するとスピードアップが期待され、特に金融サービス、電子領収書と支払い、電子認証及び著作権サービス及び政務などの応用シーンにおいて