金色財経が6月3日に現地で報じたところによると、今日のイーサネエット技術やアプリケーション大会では、イーサネット中心開発者Karl Floerschを詳しく紹介しました。Plasmaはメインチェーンで、Plasmaチェーンでの拡張を行います。メインチェーンにPlasma契約があり、Plasmaの経営者がブロックチェーンを作り、その中の1つをブロックチェーン上に置いて、取引の発起人はイーサネットがPlasmaで保存することができて、情報を検証することができ安全です。最小の情報を記憶し、同時にPlasma機能で拡張性を高めることができます。。