5月19日夜、北京の金融局から支持されて北京のブロックチェーンシステム投資基金が正式にスタートした。聞くところによると、北京クロックチェーンシステム投資基金は10億規模で、北京地区初のブロックチェーンのアプリケーション投資に専念するための誘導基金を創建することを目指している。投資の分野は北京ブロックチェーンのシステム教育と訓練、非金融通貨分野のブロックチェーンのアプリケーション、ブロックチェーンの基本技術構築、ブロックチェーン技術助力伝統企業と産業転換へのアップグレードなどいくつかの方面に力を入れている。OK区ブロックチェーン工事院は、この基金の発起したパートナーであり、OK工学院の創始者徐明星は、主な管理者である。センター常務理事の邓迪は、この基金の社長に就任した。そして、中国のブロックチェーンアプリケーション研究センターの顧問の蘇寧さん、王威さんはこのファンドの顧問を務めています。