暗号化技術のネットワーク時代に進出

 

 暗号化技術のネットワークはインターネットのトップに構築されているネットワークである。1)ブロックチェーンのようなコンセンサスメカニズムを使用して状態を維持、更新する。2)暗号化トークンを使用してコンセンサス参与者(マイナー/検証者)とその他のネットワーク参与者を激励する。

 一部の暗号が技術のネットワーク、例えばエテリアムは、共通プログラミングプラットフォームであり、その上で各種脱中心化のアプリケーションをプログラミングできる。その他の特殊目的がある暗号化技術ネットワーク、例えばビットコインは一つの脱中心化の通過であり、主に価値保存に使用される。Golemは一つの脱中心化の分散式クラウド計算ネットワークであり、Filecoinは一つの脱中心化のファイルシステムであり、分散式ファイル保存に使用される。

 早期のインターネットプロトコルはワークグループ或いは非営利組織により作成した技術規範であり、それらはインターネットコミュニティによって関係者の一致した利益を斡旋して、採用されたのである。この方法はインターネットの早期段階では良好に運行されたいたが、20世紀90年代初期以来、幅広く採用された新しいプロトコルが稀である。

 暗号化技術のネットワークはトークンの形で開発者、維持者とその他のネットワーク参与者に経済激励を提供する方法でこれらの問題を解決した。それらは技術上でもさらに強力である。例えば、彼らは状態を保つことができ、しかも該当状態に対して任意に切り替えられる、これは過去ではできなかったことである。

 暗号化技術のネットワークは多種のメカニズムを使用してそれらが成長時に中立を保つことを確保し、中心化になることを防いでいる。まず、暗号化技術のネットワークと彼らの参与者の間の契約はオープンソースコードの中で執行される。次いでは、彼らは「声を出す」とメカニズムからの「撤退」を通じて監督を行っている。

 参与者はコミュニティガバナンスを通じて「声を出す」、「オンライン」(プロトコルを通じてと「オフライン」(プロトコル周辺の社会構造)を含める。参与者は彼らのトークンを売却することを通じて撤退でき、或いは極端な情況で分岐を実施することができる。

 簡単に言うと、暗号化技術ネットワークはネットワーク参与者を結束して、共同の目標――ネットワークの成長とトークンの価値上昇を実現するために共同に努力している。このような一致した連盟関係はビットコインが懐疑論者を軽視し続けられ、繁栄を保てる主要原因の一つである。エテリアムのような暗号化技術のネットワークもすでに成長している。

 現在の暗号化技術のネットワークが直面している最も大きな挑戦は如何に自身が中心化になるのを防ぐことである。さらに深刻な制限は性能と拡張可能性である。これからの数年はこれらの制限を解決し、同時にネットワークの基礎施設を暗号化する段階である。その後、大半の資源は該当基礎施設においてアプリケーションの建設へ移行すると思われる。

脱中心化は如何に勝利を獲得するのか

 一つの言い方は脱中心化が勝利を勝ち取るべきであり、もう一つの言い方は、それらは必ず勝利が勝ち取れるのである。私はこれに対して楽観的な態度を抱えている、その理由を説明しよう。

 ネットワークソフトとインターネットサービスは開発者により構築されている。世界に数百万の高技能の開発者がいて、その内、大型科学技術企業で仕事している人はごく少数であり、新製品の開発に従事しているのはもっと少ない。歴史上のたくさんの最重要なソフトウェアプロジェクトは何れももっと多くの創業企業或いは独立の開発者コミュニティに作成されたのである。

 「誰であっても、ほとんどの最も賢い人は他人の為に仕事をしている」-ビル ジョイ

 脱中心化のネットワークはweb3.0を取得することができる、これはwe1.0が勝利を勝ち取った原因と同じであり:企業家と開発者に求められたからである。

 一つのいい例として、2000年代のウィキペディアとEncartaなどの中心化の相手との競争である。もし21世紀初期でこの二つの製品を比較したなら、Encartaはもっといい製品で、もっといいテーマのカバー範囲ともっと高い正確性があったと分かると思う。

 しかしウィキペディアはさらい速いスピードで完全した、それには活躍したボランティア貢献者コミュニティがあるからであった、彼らは分散的なコミュニティ管理の精神に惹きつけられた。2005年から、ウィキペディアはインターネットで最も人気がある参考サイトになった。一方、Encartaは2009年に閉鎖された。

 教訓は、中心化と脱中心化のシステムを比較した時に、それらを動態的として視しないといけない、動態プロセスと同じで、静態的な製品ではない。

 中心化システムは通常もっといいパフォーマンスを見せ始めたが、会社の社員が彼らのスピードを改善する方面にしか反映されていない。一方、脱中心化のシステムは最初整備されていなかったが、適切な条件で、それらが惹き付けた貢献者が倍増している。

 暗号化技術のネットワークの情況で、多方面の複合フィードバック回路が存在し、核心プロトコル開発、補充ネットワークの開発者、第三者アプリケーションの開発者およびネットワークを操作するサービス提供者を含める。

 これらのフィードバック回路は関連トークンの激励を通じてさらに拡大することができ、我々がビットコインとエテリアムで見られているのと同様で――コミュニティ発展のスピードを速めることができる(時にはマイナスな結果を齎すこともある、例えばビットコインマイニングの電力消耗)。

 インターネットの次の時代を勝ち取るのは中心化なのか、それとも脱中心化なのかという問題は誰が最も人気がある製品が構築できるかに取り決められる。最終的には、もっと多くの高品質の開発者と企業化の支持が得られるのか

 インターネット大手GAFAにはたくさんの優勢がある、現金の備蓄、莫大なユーザー基礎と運営基礎施設を含める。しかし暗号化技術ネットワークは開発者と企業化にとって、もっと人を惹きつけられる価値主張がある。もし彼らは開発者と企業化の心を掴むことができれば、GAFAよりももっと多くの資源を調達することができ、FAFAを上回る製品を迅速に開発することができる。

 「もし1989年に、人々に自分の生活を改善するのに何が必要なのかと聞いた時、彼らはハイパーテキストを使用してリンクする分散情報ネットワークノードだと答えるわけがない。」-Farmer&Farmer

 中心化プラットフォームは通常アプリケーションを発売する時にバインディングで販売している:Facebookにはその核心ソーシャル機能がある、iPhoneはたくさんのキーポイントアプリケーションがある。比較時に、脱中心化プラットフォームはプロモーションが不足で、明確なユーザー実例がない。

 そのため、彼らは製品市場に馴染む二つの段階を経歴する必要がある:1)プラットフォームと開発者/企業家の間の製品市場のフィット、彼らはプラットフォームを完成して生態システムを構築できる。2)プラットフォーム/生態システムと最終ユーザーの間の製品市場のフィット。この二つの段階の過程があるため、多くの人-複雑な技術者を含め、終始脱中心化プラットフォームの潜在力を低く評価しがちである。

インターネットの次の時代

 脱中心化はインターネットにある全ての問題が解決できる新技術だと言うわけではないが、それらは中心化システムよりもっといい方法を提供した。

 Twitterと伝統的なemail迷惑メールの問題を比較しよう。Twitterは第三者開発者の入口を閉鎖したので、唯一Twitter迷惑メールに従事する会社はTwitter自身である。一方、伝統的なemail療育に数百社の企業が迷惑メールの問題を処理しようと試みている、これらの企業は数十億ドルのリスク投資と大手企業の資金援助を獲得している。伝統的なemail迷惑メールが未だに解決されているが、今は大分改善された、その原因は、第三者は伝統的なemailプロトコルは脱中心であるのが分かっているので、彼らはこの基礎に企業が設立でき、その後にルールが変更されることを心配する必要がないからである。

 なお、ネットワークガバナンスの問題を考慮しよう。現在、大型プラットフォームの責任感がないスタッフは如何に情報をランキングと濾過するか、どれらのユーザーが格上げされて、どれらが禁止されるか、及びその他の重要なガバナンス策を決定している。暗号化技術ネットワークでは、これらの決定はコミュニティが下しており、しかも公開で透明なメカニズムを使用している。我々が現実世界から知ったのと同じように、民主制度は決して完璧ではないが、代替方案よりは遥かによいのである。

 中心化プラットフォームはずっと主導地位を占めており、たくさんの人はインターネットサービスを構築するもっといい方法を忘れている。暗号化技術ネットワークはコミュニティの全てのネットワークを設立する最もいい解決方法であり、第三者開発者、創業者と企業に公平な競争環境を提供している。Web1.0において、我々は脱中心化システムの価値が見えたが、再度それがあらられることを期待している。