25日、CFTC(米商品先物取引委員会)委員長クリストファー・ジャンカルロ氏が議会で発言をした。現在、SEC(米証券取引委員会)とCFTCは仮想通貨規制において動向が注目されている。


現物市場には介入せず市場が成熟してから介入すべき

CFTC委員長クリストファー・ジャンカルロ氏は、仮想通貨規制について、市場が成熟してから介入すべきだと述べた。また、CFTCは現物市場を規制せず、商品先物市場およびデリバティブ市場のみを規制すべきという見解を示した。同氏は、CFTCはいずれ介入するが「自由にやらせたほうがいい」と発言、総じて、仮想通貨規制自体には消極的な態度をとっていることがわかる。


仮想通貨に対しては前向きなコメント

仮想通貨規制に対しては消極的なコメントが目立ったが、仮想通貨そのものについては前向きなようだ。ジャンカルロ氏はインターネットの普及と仮想通貨を比較して以下のように述べた。


私が良い例と考えているのは、1990年代、民主党政権と共和党議会が足並みを揃えてインターネットの発展を阻害しない方法を取ったことだ。


同氏はまた「テクノロジーの精霊(仮想通貨)を元いた壺に戻せない」とも語った。つまり、いずれ仮想通貨もインターネットのように普及する可能性があり、そのためには1990年代、インターネットにとられたアプローチが理想的だということだ。ジャンカルロ氏は仮想通貨取引を禁止せず、仮想通貨の普及(イノベーションの進化)のために、慎重な規制が必要という見解を語った。


SECとCFTCの動向

現在、ビットコインETF承認も含め、米国の仮想通貨規制動向はもっともホットなトピックとなっている。その中で、CFTC委員長の見解が明らかになったのは大きな意味があるだろう。しかし、ジャンカルロ氏はすぐに仮想通貨を規制しようとは考えていないようだ。米国とは対照的に、イギリスは政府を挙げて仮想通貨及びブロックチェーン技術に関わろうとしている。