このほど、浙江省杭州で行われた「ブロックチェーン技術とアプリケーション サミット及び第2回中国ブロックチェーン開発大会成果発表会」において、電子標準院趙波院長はブロックチェーンの標準化において、電子標準院連合フォーラム理事会のメンバー単位はISO\TC307、IEEEに顕著な成果を上げているという。ブロックチェーン国家の標準と団体の標準の開発の仕事を推進して、そして標準に基づいて機能テストとオープンリソースコミュニティなどの産業化の仕事を展開しました。また、趙波院長も、現在のブロックチェーン技術は依然として多くの問題に直面していると述べ、標準化を通じて指導と規範の発展を強化し、良性の発展したシステムを確立する必要があります。