この日、金丘区ブロックチェーンの創始者兼CEOの左鹏が、広州市ブロックチェーン産業協会が主導した「広州市ブロックチェーン産業協会第2次会員大会及び2018広州黄蔵区ブロックチェーンの成果発表会」に招かれ、ECOChain(システムチェーン)3.0連盟チェーンのプラットフォームを初めて発表した。ECOChain(システムチェーン)は、金丘が自主的に知的財産権を持つ「自主的、安全、可能性」を開発した国産ブロックチェーン技術プラットフォームで、連盟チェーンクラッシュプラットフォーム「ハイスターチェーン」の新たなアップグレード版として、高拡張性の構造設計、柔軟性のある権限管理、高安全性データ保護、高利便性の4つの利点があります。そしてさまざまな業界の応用シーンのために高い性能のチェーン技術を提供してプラットフォームと安全で信頼でき、高速でアクセスする一体化クラウドサービスの解決能力を備えて、最速2週間で企業のブロックチェーンをサポートできます。「ECOはECOsystem」を代表し生産力を向上させる未来ブロックチェーンの世界を構築することで、実体経済に本格的なサービスをできるようにしたいとしています。ブロックチェーンの未来は、世界中の角中小企業に安く使えるべきだと信じています。中国の遠方の山岳地帯やアフリカの青年にも同じ平等な機会を与えて、ブロックチェーンで運命を変えなければならないと信じています。