比原チェーン(Bytom)のCEO段新星氏の今日のウェイボ(weibo)によると、4月の終わりにメインのネットワークがアンラインし、1カ月を経て、現在比原メインネットワークマッピングがすでに 49.18%完成し、まだERC20 ネットワーク上のトークンが半分以上あるが、EOSのようにマッピング未完成のコインを短期間で救済なしでゼロにさせることはしないのであり、比原は皆さまにまだ十分な時間を与え、皆さまの資産を切実に守ると示した。今月は徐々 にメインネットワーク通貨のドロップを実施し、最初のバッチの技術は、最初に OKEX、Gate.io など一歩先にメインネットワーク マッピング済みのプラットフォームでドロップを実施し、進行状況によってステップバイステップで進み、第二、第三回のドロップに最終完了までほかのマッピング済みの技術パートナーを加入してもらう。「世界通貨」にデータによると、BTS現在の平均価格が0.22 米ドル、下落幅が0.88% であるという。