IMEOSによりますと、EOSのマッピングウィンドウが閉鎖されることになり、ブロックチェーン安全会社PeckShieldが最新発表したところによると、これまでにまだ181900人の所有者が反映されていないが、EOSトップの全体シェアの1.41 %を占めています。一方、代札者730人が誤った鍵を使用して、全体のシェアの0.11 %を占めている。これは、約12億元(1.9億ドル)のEOSドルが依然として危険で不確定な状態にあることを意味する。PeckShieldは、関係する持ち主や財布、取引所などの関係者が次の23時間以内に無意味な損失を回避するよう呼びかけている。