ビットコインキャッシュについて、その開発者の理念は:

 1、世界では誰でもノードを運行するわけではないので、ノードの運行を経済的でお得にするのはさほど実用的ではない。中心権利を手放す(脱中心化)のはいいアイディアであるが、彼らはビットコインが小さな世界のネットワークだと考えている。考量しないといけないのは、世界では誰でもノードを運行する必要があるというわけではないので、本当の問題は:このような中心化はネットワーク全体が運行できることに対する信用にとってどれだけ重要なのか?ビットコインネットワークでは、約1万個の盗聴ノード(全体で約10万個の認証ノードがある)が存在し、しかも世界でビットコインを使用している人数は3,000万を超えている可能性がある。但し一般ユーザーは依然としてノードを運行しようという意欲がなくて、もっと大きな第三者機構のほうが信用できる。

 2、モール定律によると、18ヶ月おきに計算能力が高まるようなので、ビットコインは第一レベルで拡張を行うのを設計した。一年前、CoinbaseのBrian Armstrongは文章を書いた。ビットコインキャッシュの設計主旨は第二レベルを作成するのではなく、ブロックの大きさを増加することを通じて拡張を実現している。

 3、マイニングがないノードはビットコインのコンセンサスメカニズムに無益でありので、考慮しないことにする。最初の白書はこの二者を区別しなかった、その理由はマイニングしない状態でノードを運行することを予想していなかった。ビットコインキャッシュは中本聡コンセンサス(Nakamoto Consensus)を利用してコンセンサスリールの変化を確定した。

 4、最初のhttp://Bitcoin.orgウェブサイトに基づいて、中本聡はトークンが完全に消耗された後、一つの費用市場(fee market)が存在するべきだと述べた。今のところはまだこのような費用市場を作る必要がない、まだ120年もあるから、ゆっくり企画すればよい。今の我々はまず取引の廉価、快速を保ち、それが世界に認められるように確保すること。

 5、あらゆる人でも任意のビットコインキャッシュを運行しているツール/ユーザーエンドからネットワークに変更を提出することができる。もしマイナーの投票でこの分岐を受け入れた場合、硬性分岐が現われる、しかもこのコンセンサスメカニズムを採用しても、ネットワークが引き続き運行する。