地元メディアによると、先週土曜日、15の加盟国からなる地域グループ、西アフリカ国家経済共同体(ECOWA)が合意し、新たな法定通貨ecoを発行する。ECOWASの指導者は西アフリカ通貨機関(WAMA)と地域の中央銀行と協力して、2020年の実施プロセスを加速させます。聞くところによると、クロスボーダー貿易を促進するための新しいフランスドルの備蓄ecoは、デジタル通貨にもならず、ブロックチェーン技術も使わない。聞くところによると、世界で一番人気のある3つの地域はナイジェリア、南アフリカ、ガーナで、その中の2つの国はECOWASの加盟国です。分析によると、ecoについてさらに議論し、アフリカ大陸内部の経済不確実性があるにもかかわらず、アフリカ人はデジタル通貨に強い興味を持っているという。