注:以下は 2018 年 1 月 15 日 CoinMarketCap 仮想通貨の時価総額ランキングよって作成した内容である。

51. Revain / R

——ブロックチェーンに基づいた次世代のユーザフィードバックプラットフォーム

Revain はブロックチェーンに基づいた次世代のユーザフィードバックプラットフォームである。ユーザはプラットフォーム上に商品、サービス、会社に関する評論を投稿すると、報酬がもらえる。また、これらの評論は修正、編集、削除することができない。


52. ドラゴンチェーン/ Dragonchain / DRGN

——ビジネスアプリを開発できるブロックチェーンサービスプラットフォーム

ディズニーのプライベートなブロックチェーンプラットフォームとして誕生したDragonchain (ドラゴンチェーン)は独立したパブリックチェーンプラットフォームである。ドラゴンチェーンに基づいて、スマートコントラクトを作成することが可能であり、ブロックチェーンアプリ(DApps)を開発することもできる。そして、多種類のプログラミング言語をサポートしている。ドラゴンチェーンは、ブロックチェーンを 活用した商用プラットフォームの実現を目指しており、さらにイータリアムのようなエコシステムになる可能性がある。ドラゴンチェーンインキュレータは、ブロックチェーンの起業プロジェクトを急速に成長させて、ビジネス化になることを図り、戦略協力的な方式で、成功のトークンエコシステムになることを目指している。


53. DigixDAO / DGD

—— イーサリアムに基づいた金をトークン化にするデジタルアセットプラットフォーム

DigixDAOはイーサリアムのブロックチェーンプラットフォームを用いて、現実の金(ゴールド)をトークンに変換して利用するサービスである。2016年に公開された。DigixDAO  は、イーサリアムスマートコントラクトを利用して基準を決定し、DigixDAOトーコンの所有者が直接にDigixCore ゴールドプラットフォームの成長と宣伝へ影響を与える。そして、トークン所有者にイーサリアムプラットフォームのDi gix ゴールドトーコンを与えて報酬とする。DGXはPoA Cardから作られる、1グラム当たりの金の価値を表す単位トークンである。1 枚 DGX=1 グラムコールド。ブロックチェーンに100グラムの金を所有していると記録されていれば、100DGXまでのトークンを作成可能となります。DGXデータとPoA Cardへの変換は相互に行うことができ、そのプロセスはスマートコントラクトにて管理される。 DGD は DigixDAO トークンである。配当収益のトークンである。DGXの取引では、0.13% の手数料を受けて、DGD の配当収益とする。


54. エレクトロニアム/ Electroneum / ETN

——モバイル端末上の暗号通貨とオフラインクライアント

Electroneum(エレクトロニアム)はモバイル端末上の暗号通貨とオフラインクライアントである。PC、iOS、Android で、ユーザのすべての振替の記録を暗号化にすることができる。Electroneumは取引履歴と財布の内容を保護し、目に見えない取引を認証 するために公開されているトランザクションハッシュを利用できるようにする。現在、  Electroneum はモバイルゲームとオンラインカジノという二つ分野への発展を図っている。


55. バイトボール/ Byteball / Bytes / GBYTE

——社会的価値を格納、伝送する分散型システム

Byteball(バイトボール)は社会的価値を格納、伝送する分散型システムである。Byteballは、通貨・財産権・債務・株式といった譲渡可能な 価値を持つ任意のデータを、改ざんできないように保存することを可能にする新しい分散 型のシステムである。これらの格納ユニットがお互いンに連結して  DAG (有向非循環グラフ)を形成する。一つ格納ユニットの中に、1個や複数個の格納ユニットのハッシュ値を含んでおり、初期のユニックを確かめられるし、順序集合を確定することもできる。バイトボールはユーザが費用を支払った後、新たな格納ユニットを追加することが許している。新しいユニットが追加されることに従って、初期ユニットは直接、間接に、後のユニットの確認を受けることになる。


56. デジバイト/ DigiByte / DGB

—— グローバルの分散型決済ネットワークとデジタル通貨                                               DigiByte(デジバイト)は、オープンのグローバルの分散型決済ネットワークとデジタル通貨である。インターネットで資金を移転することが可能であり、登録、ログインする必要がなく、少ない費用や無料で素早く、取引することができる。DigiByteは P2P技術を採用して、中央管理機関を置かずに、ネットワークで集中的に取引を管理し、デジバイトを発行する。


57. ネオガス/ NEOGas / GAS

——非営利のコミュニティのブロックチェーンプロジェクト

NEOの中に、NEO(ネオ(旧名))と  NEOGas(ネオガス(旧名))という2種類のネィティブトークンを含んでいる。NEOはガバナンストークンであり、NEOネットワークを管理している。総発行量は 1億枚である。GAS は、燃料トークンであり、総発行量が 1億枚、最小単位が 0.00000001となっている。 NEOの新しいブロックの生成に従って生成される。且つ、無償で NEOの所有者へ配布する。 NEOネットワークが使用するリソースをコントロールするようにしている。NEOネットワークで、課金人に対する経済刺激とリソース乱用を防止するために、トークンの 振替とスマートコンストラクトの実行と格納を有料化にしている。


58. ベーシック・アテンション・トークン/ Basic Attention Token / BAT

——ブロックチェーンに基づいたデジタル広告プラットフォーム

Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン)は Javascript 創始者、Mozillaと Firefoxブラウザ連合創始者 Brendan Eichが創設したものであり、ブロックチェーンに基づいた分散型、透明のデジタル広告プラットフォームである。ブラウザ上の広告宣伝とユーザのインセンティブ問題を解決するために使われる。 Braveブラウザに基づいて、分散型デジタル広告業務を行い、0知識証明を用いてユーザのプライバシーを保護する。且つ、 Anonizeアルゴリズムでユーザ行為を統計する。「注目力」を量子化にし、ユーザが関心を寄せれば、BATトークンの報酬が得られる。


59. バイトム/ Bytom / バイトムトークン/ Bytom Token / BTM

——多様な資産の登記と流通の分散型ネットワーク

Bytom (バイトム)は複数バイトアセットのインタラクティブなプロトコルである。現在の応用の中心がまだ明確になっていないイーサリアムなどのパブリックチェーンと違って、バイトムはアセット登記と流通の領域だけに注目している。バイトム上で実行されている異なる形式のバイトアセット(ネィティブのデジタル通貨、デジタルアセット)と原子アセット(伝統的な物理世界の(新株引受権証書、権益、配当、債券など)がこのプロトコルを通して登記、インタラクティブ、信用評価調整及び契約に基づいたより複雑なインタラクティブ操作を行うことができる。現実世界とビット世界を連結して、アセットを二つ世界の間でのインタラクティブと移転を促進する。


60. ループリング/ Loopring / LRC

——次世代のブロックチェーン資産取引プロトコルと取引所

Loopring (ループリング)は次世代のブロックチェーン資産取引プロトコルと取引所である。分散化された技術を用いて、0リスクのトークン取引所モードを提供しており、多くの取引所が競争することで、同じ注文に対してチェーン外連結、チェーン上決算することが可能となっている。ループリングは、現在の中央集権性の取引所で存在している固有リスクを徹底的に解決することができる。


61. Kyber Network / KNC

——分散型デジタルアセット取引プラットフォーム

Kyber Network は多様なデジタルアセットをサポートする即時取引と即時決済できるシステムである。異なるトークンの間でシームレスな支払ができるように、Kyber Network は豊富な決済 API及びコントラクトウォレットを提供しており、 Kyber Network 全体の取引能力を上げるようとしている。また、ユーザは Kyber Network の派生品取引によって暗号通貨世界の価格変動リスクを減少させることができる。


62. Zilliqa / ZIL

——次世代ハイスループットパブリック ブロックチェーンプラットフォーム

Zilliqa は世界初のハイスループットパブリック ブロックチェーンプラットフォームである。安全性を保つと同時に、トランザクション速度とスケーラビリティの問題を解決しようとしている。Zilliqaは、「シャーディング」の理論を実践して、新しい暗号技術とコンセンサスを用いて、毎秒何千ものトランザクションに対応できるようになっている。また、ネットワークの拡張に伴って、トランザクションの処理能力を徐々に向上させ、デジタル広告業務、電子アセット管理、決済、共有経済と財産権管理などの大規模、ハイスループットアプリの規模化の要求を満たすことができる。


63. Dentacoin / DCN

——歯科産業向けに設計されたブロックチェーンソリューション

デンタコイン(Dentacoin)は、世界の歯科医療産業向けに設計された最初のブロックチェーンコンセプトである。デンタコインは、全世界で患者と歯科をコミュニティに集めて、医世界中の歯科医療を改善し、群衆の力でそれを手頃な価格にすることを目指している。全世界でDentacoin ERC 20トークンが使えるように設計されている。


64. Golem / GNT

——イーサリアムに基づいた分散型グローバル計算能力ネットワーク

Golem はイーサリアムに基づいた分散型グローバル計算能力ネットワークである。Golem は柔軟な開発ツールと融合し、開発者のためにソフトウェアを配布して報酬を得る。更に計算能力タスクの組織と実行方式を変えるようになった。分散化マイクロサービスと非同期タスクを実行することで、ユーザは Golemを通して計算能力の発売元とレンタル者になることが可能であり、大幅に計算価格を削減できるようになった。つまり、ユーザは他人のパソコンで計算能力が必要となる仕事をすることができる。或は、自分の余分な計算能力を他人に売ることができる。イーサリアムに基づいた取引システムは、 Golemプラットフォームに応用されており、計算能力提供者の収益と計算能力使用者の費用の清算に使われる。


65. ピヴクス/ Private Instant Verifted Transactions / PIVX /ゼロコイン ピヴクス / Zero- coin PIV / zPIV

——プライベート即時検証取引

PIVX(ピヴクス)はプライベート即時検証取引である。ビットコイン核心 0.10.x と DASH技術に基づいたオープンの暗号通貨である。PIVX(ピヴクス)はルーフオブステーク3.0プロトコルをネットワークの安全性確保に採用 し、革新的な可変シーソーリワードメカニズムを使い、ブロックリワードの90%をダイナミック にマスターノードとステーキングノード間にバランス配分し残りの10%をバジェット プロポーザル用に割り当てる。ピヴクスはゼロコインプロトコルを取り入れた後、公開閲覧できるピヴクスを匿名のピヴクスに変換できる機能を実現した。この過程はピヴクスチームにゼロコイン ピヴクスと呼ばれる。即ち、「Zerocoin PIV」またはゼロコイン ピヴクス“zPIV”となる。


66. シスコイン/ Syscoin / SYS

——分散型マーケット

Syscoin(シスコイン)はブロックチェーンプロトコルである。Syscoinは、金融業界に向けた機能を備えているため,個人やビジネスチームにデータと市場の安全を保持することができる。Syscoinは商品、資産、デジタル証明書、データを安全に取引するインフラ ストラクチャを企業に提供しており、暗号通貨などの革新的な組み込みサービスも提供している。Syscoin は2017 年 3 月末に、隔離検証を成功に起動し、且つライトニングネットワークの速度測定を完成した。また、その年に、ブロックチェーンショッピングセンタークライアントを開発した。シスコインの総発行量が 9 億枚となって、流通量が 5.5億枚となっている。


67. ælf / ELF

——分散型の自己進化クラウド・コンピューティング・ネットワーク

ælf は分散型の自己進化クラウド・コンピューティング・ネットワークである。イーサリアムにおける性能不足、リソースが隔離されない、ガバナンス体制不備の問題を解決しようとしている。高機能、リソース分離という特性及び、より整備されたガバナンス体制を有している。 ælfネットワークで、種類によってノードが以下のように分けられている。記帳ノード(全ノード)は、サーバークラスタで並列処理を実行することが可能であり、全ブロックチェーンのネットワーク性能を高めることができる。「メインネット + マルチサイドチェーン」構造を使ってリソース分離を実現した。「一つのチェーンは一つのシーンに対応する」;トークン所有者の委託投票制度を設けて、ネットワークの効率的なガバナンスとより良い発展を確保する。ælf は主に ælf のリソース料金の支払いと意思決定ガバナンスに使用されている。その中のリソース料金の支払いは、スマートコントラクトの展開、システムの操作およびアップグレード(取引手数料、クロスチェーンデータ転送料金)などを含んでいる。意思決定ガバナンスは、記帳ノードの選択、システム新特性の承認、製品の重大更新の決定などを含んでいる。


68. Quoine Liquid Token / QASH

——グローバルの流動性プラットフォーム

QASH は日本の QUOINE会社が作ったデジタル暗号通貨である。 LIQUIDを基にして生成した暗号通貨である。LIQUID プラットフォームはグローバルの取引プラットフォームであり、暗号通貨経済に利益を受ける実用的な財務ツールである。トークン発行者、トークン所有者、革新者及び次世代金融サービスユーザは流動性を通して利益を受けることができる。プライベートチェーン技術と QASHを通して、取引所間の取引の壁を解消し、暗号通貨をより良く流動させて、 QASHを統一の手数料計算基準にすることを目指している。


69. Worldwide Asset eXchange / WAX

——分散化されたグローバル仮想アセット取引所

Waxは  分散化されたグローバル仮想アセット取引所である。ネットワークゲーム仮想アセット取引向けの汎用分散型プラットフォームである。ソフトウェアパック +ウィジェットを提供しており、taobao(タオバオ)のような小さな商店分散型のネットワーク仮想財産取引所を構築しようとしている。主に仮想ゲームアセット取引、移転などについて、誰にでも機能が備えている取引プラットフォームで、取引することができる。Waxは仮想ゲームプロジェクトにおいて明確な利用シーンと価値を持っており、貯蓄機能が備えている。WAXを使って、仮想装備を購入、販売、リースや取引することが可能であり、即時決済、セキュリティとトラスト サービスを提供することもできる。


70. ネビュラス/ Nebulas / NAS

 ——分散型ブロックチェーン検索エンジン

ネビュラス(Nebulas)はブロックチェーン検索エンジンとして、ブロックチェーンの新しい価値を見出すことを目指している。また、ネビュラスにはNR(Nebulas Rank)機能が搭載されており、ユーザはブロックチェーン上で増加するデータの中から価値のある情報を効率的に識別して利用することができる。また、ネビュラスは、Nebulas Force (ネビュラスフォース、NF)、Developer Incentive Protocol (開発者インセンティブプロトコル、DIP)、分散型アプリケーション検索エンジンモジュールを通して、ブロックチェーンプロトコル、システムの円滑なアップグレードと自己進化を実現する。


71. ビットコア/ Bitcore / BTX

——ビットコインの初めてのフォークコイン

Bitcore(ビットコア)はビットコインを改良、更新したブロックチェーンアセットである。開発チーム Bitsendが2017 年 4 月 24 日に初めてのBTXを作った。BTX は、総発行量が 2100万、ブロックサイズが 20M、 SegWitをサポートするようになっている。 Timetravel10アルゴリズムを用いて GPU にてマイニングし、 2.5分ごとに一つのブロックを生成する。BTX の発行方式はマイニング、エアドロップとスナップショットクレームである。


72. Cryptonex / CNX

——グローバルの分散型暗号通貨

Cryptonex は 自身のブロックチェーンプラットフォームで開発したグローバル、分散型の次世代の暗号通貨であり、自分のブロックチェーンネットワークを有している。Cryptonex  は、現実世界の法定通貨と暗号通貨を自由に交換できるようにし、モバイル、デビットカードで素早く、欲しい商品とサービスを購入できるようになっている。


73. Pillar / PLR

——オープンのマルチチェーンのプライベートデータ金庫

Pillarは、ユーザ資産を持つオープンのデジタルウォレットであり、ユーザの現金、資産、財務記録、医療記録、履歴などに広げることを目指している。ユーザのすべての所有権が違うブロックチェーンの中に格納されて、 Pillarを介してアカウントが必要とせずに、原始的個人所有権に変換する。使用者としても Appsが不要である。プライベートデータ金庫は、 ios や Androidを置き換え、すべてのデバイスに対し、新しいオペレーティングシステムのデバイスになり得ると考えられる。旅行、買い物、食事、メディアを閲覧、サービスを使うとき、プライベートデータ金庫はすべての支払いを行いユーザはサービスを受けるだけで済ようになる。


74. Ethos / BQX

——分散型の価格管理プラットフォーム

Bitquence  はブロックチェーンを狙った人力駆動の暗号サービスである。ビットクエンス(Bitquence)は誰でも暗号通貨市場にアクセスし易くなり、ブロックチェーン技術の採用を加速することで暗号通貨の所有権を民主化させることを目的としている 。Ethos ウォレットを通して、エンドユーザは便利に、デジタルアセットを投資することができる。 Ethosコミュニティの暗号通貨のランキング結果によって、自動的に、一纏まり暗号通貨の投資の組み合わせを形成する。暗号通貨のインデックスファンドを購買すると同じようなことである。Ethos は Bitquence のプロジェクトのトークンである。


75. Power Ledger / POWR

——分散型のエネルギー売買が行えるプラットフォーム

Power Ledger は分散型、透明且つインタラクティブ可能のエネルギー売買が行えるプラットフォームである。取引可能且つフリクショナル・コストなしのエネルギートークンSParkzを通して、段々と拡大していくエネルギーアプリセットエコシステムをサポートする。Power Ledger は電力の生産者と使用者を直接に関連付けて、仲介者なしでこのプラットフォームでエネルギー売買が行えるようになる。Power Ledger Token (POWR) は Power Ledgerエコシステムの燃料であり、公開取引所で購入し、Power Ledger Token Exchange 取引アプリケーションで取引する。POWR を消耗して、Sparkzを作成する。現在、ユーザは法定通貨でSparkzを購買、交換できる。また、独特の取引プラットフォームでエネルギーと Sparkzの間の閉回路取引ができる。二つのブロックチェーンレイヤに、二重トークンエコシステム(POWR=Sparkz)を構築することで、エコシステムの市場の柔軟性を促進できるようになった。エネルギーの需給に柔軟性を与えることができるようになっている。POWRはアクセス許可のためのトークンとして機能し、電力の売り手と買い手がPeer To Peer取引機能を利用することやその他のPower Ledgerアプリケーションにアクセスすることを可能にする。(限られたソフトウェア許可権限);Sparkzトークンは、スマート債券を通して委託したPOWR トークンによって発行する。そして、アプリケーションプログラム宿主により、顧客を取り入れる。


76. ジーエックスチェーン/ GXChain / ジーエックスシェアズ/ GXShares / GXS

——ブロックチェーンに基づいた分散型データ取引所

ジーエックスチェーンはブロックチェーンに基づいた分散型データ取引所である。各プラットフォームのデータ情報を連結することで、各機関間のデータのP2P取引と共有を実現することを目指している。ジーエックスシェアズデータ取引所は汎用のデータ交換プラットフォームある。その下部階層に、ブロックチェーンに基づいたコンソシアムチェーン——GXChain (ジーエックスチェーン)が置かれ、様々な分野のデータ取引に適用できる。GXShares(プロジェクトと同名であり、ジーエックスシェアズとも呼ばれる)は、ジーエックスチェーン上で発行された暗号通貨である。主にジーエックスチェーン上で開発、認証応用、チェーン上のサービスを使用する費用、データ取引所の取引手数料、公証人を選挙する時の投票に使用される。


77. モナーコイン/ MonaCoin / MONA

—— P2P技術に基づいたネットワーク暗号通貨

MonaCoin (モナーコイン)は 2014 年 1 月、日本に公開されて、 P2P技術に基づいたネットワーク暗号通貨である。世界中の任意の人に、即時に支払うことが可能としている。モナーコインでカードの中のビットコイン、イーサ及び ERC20 に基づいた暗号通貨を消費することができる。モナーコインネットワークで 1.5分ごとに一つのブロックを処理できる。隔離された証明とライトニングネットワーク機能が既に活性化になっており、即時決済とクロスチェーン取引によりよく適用できるようになっている。また、Lyra2REv2アルゴリズムで PoW マイニングするため、 ASIC専用マイニングリグを防止して、多くの人がマイニングに参与することが可能となっている。これにより、分散化を実現しており、51% 攻撃を避けるようになった。


78. Internet of Services Token / IOST

——次世代の安全でスケーラブルのサービスエコシステム

IOSは革新的、安全なブロックチェーン技術である。オンラインバーチャルサービスとデジタル商品交換のために、スケーラブルで超高TPSのエコ環境を提供することを目指している。また、IOSエコシステムにおいて開発者たちはブロックチェーンで大規模の分散型アプリケーションを配置して多くのユーザにサービスを提供することが可能である。IOS ネットワークは EDS(効率的分散シャーディング)技術と POB (コイン焼却証明)共识机制を含んだ独特の技術を採用しており、システムのハイスループットを実現したと同時に、システムの安全を確保することが可能である。


79. ファクトム/ Factom / FCT

——ビットコインブロックチェーンに基づいた分散型匿名データプロトコル

Factom(ファクトム)はビットコインブロックチェーンプロトコルに基づいて構築した別の階層の分散型、匿名のデータプロトコルである。ブロックチェーン技術を利用して、ビジネス社会と政府部門のデータ管理、データ記録方式を更新しており、いろいろなアプリケーションの開発に力を貢献する。例えば、会計検査システム、医療情報記録、サプライチェーン、投票システム、財産契約書、法律応用、金融システムなど。開発者が新しいアプリケーションを作成し、データをブロックチェーンの中に保存することが可能である。また、データの書き込み速度、コスト、サイズなどデータをビットコインブロックチェーンに書き込むときに制限されることがない。


80. Dent Wireless / DENT

——イーサリアムに基づいたモバイルデータ通信量取引プラットフォーム

Dent Wirelessはイーサリアム技術に基づいたスマートコントラクトシステムである。イーサリアムのブロックチェーンプラットフォームで世界初のモバイルデータ通信量取引プラットフォームを作った。このプラットフォームで世界各地の誰もが Dentが発行した暗号通貨やイーサリアムを通じてモバイルデータ通信量を購入することができる。また、このプラットフォームでユーザが自分の余分な通信量を売って、Dentトークンやイーサを獲得することも可能である。


81. Aion / AION

——第三世代の多層ブロックチェーンネットワーク

Aionは第三世代のブロックチェーンである。Aionプロトコルは、ブロックチェーンネットワークを連合し、開発することを支援しており、ネットワークのようにそれぞれの違うブロックチェーンシステムをシームレスに多層集信装置モードに統合することができる。カスタマイズのブロックチェーン体系構造を支援しており、且つクロスチェーン相互運用性にトラストレスのメカニズムを提供しようとしている。Aionは、他のブロックチェーンと連結するように設計されており、且つ自身の大量のチェーン上プログラムを管理するようになっている。AIONトークンは全ネットワークの燃料として新しいブロックチェーンの作成、トークン化クロースチェーンブリッジ及び全ネットワークの安全確保に使われる。


82. Cindicator / CND

——分散型のハイブリッドスマート予測プラットフォーム

Cindicatorはハイブリッドスマート(大衆の知能 +人工の知能)の下部階層インフラフレームワークを作り、仮想通貨の投資判断を下せるものをつくろうとしている。このプロジェクトは二つの部分を含んでいる。大衆の知能は分散化された予測市場を通じて高品質のデータセットを得る。人工の知能はデータセットを分析、学習することで投資判断を下せる。ブロックチェーンに基づいた予測市場は、より真実なデータを提供することが可能であり、参与者が増えることに従って、データがもっと豊富、正確になる。このプラットフォームにおいて、ブロック技術はデータの真実性と高効率という得意の問題を解決した。人工知能のために、学習と決定のために基礎を築いた。他の問題は分散型の方法に任せて解決する。


83. FunFair / FUN

——イーサリアムに基づいた分散型ゲームプラットフォーム

FunFairはイーサリアムのスマートコントラクトに基づいた分散型ゲームプラットフォームである。だれでも参与可能、透明、安全、公平のオンラインくじ引きゲームを作ろうとしている。くじ引きゲームの高費用、低信頼の問題を解決した。


84. Polymath Network / POLY

——ブロックチェーンに基づいた証券トークンプラットフォーム

Polymath Networkは、 ブロックチェーン証券トークンの新規発行と二回取引を促進するシステムである。ブロックチェーンに基づいたシステムで参与者がブロックチェーンで金融製品を発表することを促進する。カスタマイズのニーズを作って、それをトークン自身の標準トークンプロトコルに取込む。これらのトークンが検証済みの参与者間で購入と取引が可能になり、一か所で証券トークンの取引不可、規制をすることができない、インターフェースなし(コストが高い)及びエコシステムなし(助けられない)などの問題を解決した。


85. ゼットコイン/ ZCoin / XZC

——ゼットコインプロトコルを通じて財務プライベートを保護する暗号通貨

ZCoin(ゼットコイン)は、 Zerocoin Protocol (ゼットコインプロトコル)を通じて財務プライベートを保護する暗号通貨である。ゼットコインは初めてゼットコインプロトコルを実現した暗号通貨である。ゼロコインプロトコルは、ゼロ知識証明(Zero-Knowledge proofs)を使用して、送信者と金融取引の受取人に関する情報の漏洩をゼロにする。パラメータはビットコインと同じように、ブロック生成速度が 10分間、総発行量が2100万枚、報酬半減サイクルが4年となっている。ゼットコインは、初期に匿名機能を実現したミキシング技術とリング署名技術と比べると、ゼロ知識証明のゼットコインプロトコルを用いたのでミキシング技術とリング署名技術の欠点を解決した。また、鋳造と焼却という方式で徹底的に取引者間の関連を切断した。証明を一つ生成して(この証明は一つのゼットコインを焼却したことが証明できる。しかし、具体的にどのセットコインが焼却されたかは証明できない。)、この証明を通じて、取引履歴がない新しいゼットコインを買い戻すことができる。


86. Kin / KIN

——日常生活向けの分散型デジタルサービスエコシステム

2017 年 5 月、カナダの 大手メッセージアプリ「Kin(キック)」の運営会社が Kinをメッセージアプリケーショントークンとすることを発表した。ユーザは Kinを通じて一連のアプリケーソンサービスを購入することが可能であり、消費者は開発者やデベロッパー が提供した商品やサービスを通じてコインを交換することができる。Kinをメッセージアプリケーションに取り入れることで、Kin内で暗号通貨エコシステムを作ろうとしている。


87. Enigma / ENG

——プライベート保護の分散型演算プラットフォーム

Enigma はみんなが共同して 計算を実行して結果を保存できるようなP2Pネットワークであり、完全にデータのプライベートを保護できる。みんなんが共同して計算する技術を通じて、データの中身を晒すことなく、分散型データの計算を実行することが可能であり、正しい結果が得られる。Enigma はデータのアクセスと計算を分離し、データの共有が非可逆のプロセスでないように実現した。Enigmaはプライベートデータに対する自主制御を実現し、デジタルトークン化の基礎を築いた。ENG トークンはブロックチェーン Enigma プロジェクトのトークンで、総発行量が 1 億枚となっている。


88. SALT / SALT

——ブロックチェーンによる資産融資プラットフォーム                                                                    SALT は、会員ベースの法定通貨を融資するネットワークである。ユーザはブロックチェーン資産を担保にして、法定通貨を融資してもらえる。また、税金を相殺し、取引費用を避けることが可能となっている。 SALTプラットフォームで、貸付機関と借用人は、ネットワークを通して自動的にマッピングする。また、信用評価ではなく、借用人のブロックチェーン資産価値を審査することで、申請のプロセスを単純化することが出来る。ユーザは、暗号通貨を担保に、ローンを確保することができる。


89. レッドコイン/ ReddCoin / RDD

——ブロックチェーンに基づいたソーシャルネットワークサービスプラットフォーム

Reddcoin (レッドコイン) は、デジタル通貨プラットフォームを 主要なソーシャルメディアのプラットフォームに統合することを目指している。例えば、ソーシャルプラットフォーム、ゲーム、媒体など。ソーシャルネットワーク上の注意力を実際の価値があるレッドコインに変換しようとしている。ユーザは、サイトでレッドコインを使って買い物できるし、ゲームの中でそれを使って信用を買うことができる。また、レッドコインはソーシャルネットワークのトークンとなっており、普通の人でも暗号通貨を利用することが可能となっている。レッドコインは2014年2月に発表されて  Scryptアルゴリズムを採用し、GPUでマイニングすることになっている。ブロック生成速度が60秒で、一つブロックに 10万個のトークンを含んでいる。 50万ブロックごとに生産量が半減になり、合計は 1090億個である。


90. ネクスト/ Nxt / NXT

——P2Pのデジタル経済エコシステム

新たなソースコードに基づいてコーディングしたNXT(ネクスト)は第二世代の暗号トークンと言われる。 PoS (権益証明)で PoW (仕事量による証明)を代替したので、ビットコインのリソース消耗、攻撃にさらされやすい、などの欠点を避けらるようになった。ネクストは Linux と多くの箇所が類似している。特にオープンソースと組織構造。Nxt システムは、 2013 年 11 月 24 日に運営を開始しており、初めての権益証明を使った暗号通貨である。資産取引、任意メッセージ、分散型ドメイン名、アカウントリースなど多くの機能が搭載されている。そのアップグレード版はArdor (アーダー)である。


91. メイドセーフコイン/ MaidSafeCoin / MAID

——ブロックチェーンに基づいた分散型ネットワークストアプラットフォーム

MaidSafeが 2006年に設立されて、ネットワークの分散化を実現することを目指している。MaidSafeCoinは MaidSafe社が発行した  SafeCoinのトークンの一つであり、SafeCoinの最大流通量の10%に過ぎない。MaidSafeプラットフォームは、第三者プログラムの提供者に自分なりのアプリケーション環境を提供することで、創業会社の開発リスクを避けることを目的としている。 自己認証技術を使用するため、任意の使用者が自分のすべての資料を完全に把握することができる。使用者はMaidSafeを通じて、第三者を介在することはく 自由に任意の情報を管理することができる。


92. バンコール/ Bancor / BNT

——階層的通貨の一種兼自律的な取引所

Bancor (バンコール)プロトコルはスマートコントラクトを支持しているイーサリアムブロックチェーンと予備金を利用することによって、全ての人が「スマートコイン」を設立することが可能となる。「スマートコイン」とは予め設置した比率で一種類また何種類の電子通貨を予備金とし、非同期価格メガニズムと流通性を提供する。予備金を使うことによって、新しく設立したスマートコインが直接バリューと流通性を獲得し、誰でも随時にスマートコンタクトを通してスピーディーにコインの両買い、破壊(焼却)、貯蓄することができる。


93. Request Network / REQ

——イーサリアムを基づいた自律的なネットワーク

Request   はイーサリアムを基に作られた自律的なネットワークである。誰でも何処でも発生した支払要求を許可し、受信者に安全な支払方法を提供することができる。全てのデータが自律的な台帳に保存され、資産領収書、会計、審査及び支払スタンダードを実現できる金融プラットフォームである。


94. Particl / PART

——自律的なプライベートマーケットプラットフォーム

Particl   はオープンかつ個人情報を保護する取引プラットフォームである。ビットコインソースを基に、支払ニーズに合わせて開発した新型匿名グロックチェーンである。マーケット、暗号通貨、ウォレット及び暗号化通信ツールシステムを利用してグローバル範囲での匿名取引を実現させた。


95. TenX / PAY

——現実世界とブロックチェーンを繋げた支払システム

Tenx はユーザが最大限で便宜よく多くのブロックチェーン資産にアクセスできることに注力している。COMITスタンタードを利用して、リアルタイム及びトラストレスの取引を実現させる。TenX電子マネーはユーザがスマホーまたはクレジットカードを通してBTC、ETH、DASH等ほぼ全ての電子資産を扱うことを可能とし、PAYの所有者が全ての支払からボーナスを獲得することが可能である。


96. ChainLink / LINK

——自律的な Oracle ネットワーク

ChainLink はマルチデータとの安全リンクを提供している。現実世界のデータとブロックチェーンのデータを連携し、誰でも安全にスマートコントラクトを提供しから肝心な外部データへのアクセス、オフライン支払、API機能を許可する。会計データの伝送、金融契約、保険等のような様々なシーンにスタンタードとなるソリューションを提供している。ChainLinkはスマートコンタクトにリンクしてから外部APIへアクセスすることによって、安全な外部チェーンと幅広いマッチングを実現させた。


97. eXperience Points / XP

——現実世界で実践している経験値インセンティブシステム

eXperience Points(XP)は完全に独立した暗号通貨である。暗号通貨を日常生活に導入し、ブロックチェーン上のインセンティブコイン及び電子通貨そしてユーザにインセンティブを支払う。ユーザはビデオゲーム、イベント、スポーツ、教育、エコ活動を通してXPインセンティブを獲得し、ネットワーク、ゲーム、商店街などに参画している商家へXPを支払う。つまり、XPはユーザの日常生活とブロックチェーンXP世界のかけ橋となると言えるだろう。クーポンに似たやり方で、ユーザの日常生活とブロックチェーン世界をつなげる。このようなシステムで、電子通貨が完銀行、政府及び会社から全に独立されると同時に、それらによるソリューション、オープンソース、ファイルと内容の組合せ、提出を許可される。


98. SmartCash / SMART

——グロックチェーンに基づいた自律分散型経済システム

SmartCashとは、商家にめぐって信頼性、互換性、便宜性の高い暗号通貨と分散型経済システムである。  SmartCash ではゼロコインプロトコルでプライバシー性と互換性を提供し、 SmartHive ヒ Structuring Teams (HST)技術を利用することで分散型統治構造を創造しメンテナンスを行っている。SmartHive は全てのコイン持ち主にコミュニティー内の提案に対して投票させることができる。SmartHiveは誰でも提案書の提出に参画でき、下から上までの縦型管理構造を創造することが出来た。


99. シンギュラリティネット/ SingularityNET / AGI

——イーサリアムブロックチェーンに基づいたAIプラットフォーム

SingularityNET(シンギュラリティネット)とは、発見、連携及び取引AI計算式のプロトコルであり、AIサービスに自律分散型グローバル市場を提供し、同時に三つの複雑かつ重要なターゲットに対して挑戦をしている。分散型と開放メガニズムによってなるべく幅広い貢献者による貢献をサポートし、またなるべく幅広い種類によってサービルをアポートすることで、世界中最善のAIサービス市場を作り出そうとしている。サービス対象は:ソフトウェア、ロボット、IOTをはじめハードウェアを含めた垂直市場のユーザである。最終目的として、分散型AI市場を作り出し、全てのノードがAI計算式のコピーとなり、AIごとに相互通信、相互支払または強力が可能とする。AI研究者及び開発者は、各自のAI製品をSingularityNETのユーザに提供でき、ユーザは専用の仮想通貨を使ってサービス費用を支払う。


100. ネブリオ/ Neblio / NEBL

—— 次世代商用ブロックチェーンソリューション

Neblio(ネブリオ)とはグロックチェーンの開発プラットフォームであり、ネブリオブロックチェーンでは分散型ソリューションの開発及び配置を簡易化かつ加速化させることができる。企業向け分散型ソリューションはNebiloプラットフォームにてプロジェクトを素早く構築し、Restful APIが現在流行りの開発言語を全て対応しているため、技術者は複雑なグロックチェーン技術を把握しなくても直接ネブリオブロックチェーンネットワークでインタラクティブが可能である。