現在のマーケットは、主流トークンから見る必要がある、先日の夜BCHに異動があり、上昇を図ろうとしたが、BTCの高騰を促進できなかった、翌朝からETHは上昇ニュースがあり、上昇傾向が現れ、そして午後から更に持ち上げられて、ようやくBTCの上昇を推進した。私が思うには、資金の移動或いは試しがBTCマーケットの好転を引き起こした気がする。その後今までずっと落ち着いていたLTC、ETC、DASH、XRPも上昇する現象が現われたため、資金がすでに明確な信号が獲得して入場し始めた証拠だと思われる。現在の局面は全体から言えば継続に上昇する傾向であり、安心してトークンをホールドしてもよい。注意すべきリスクは、BTCコールバックのリスクであるが、これについてはトークン分析の中で説明する。

 しかしこの前このリバウンド相場を引率したEOS、AE、TRX、ADA、ELF、NASはすでにコールバック調整段階に入り、その後の相場は誰がリードするのかについて、まだ判断できなくて、これらの共有チェーンのメインネットワークのオンラインまで数週間の時間があり、この時に爆発する確率が低いため、これらのトークンは暫くコールバックするかもしれない。相場が全体的に好調の状態では、これからの数日は主流トークンがマーケットの傾向を確定するショータイムであり、その次から各種トークンの順番のショータイムである。皆さんはあれらの余り上昇していなかったトークンを適度に狙えばよい、もしかしたらいいパフォーマンスを見せてくれるかもしれない。しかし今回の資金が強引に押し付けた相場がどこまで続くかはわからない、個人的には長続きしないと思っている。今の主流トークンで好調なものでも、辛うじて倍増しているくらいで、たくさんのトークンが倍増しているものの、1-2月のレベルに比べると、まだまだ数倍も歩まないといけない、資金は全ての人を解放するわけがないので、相場が好転しているといっても限られている。そのため今の情況から見ると、全てのトークンが普遍的に上昇するのではなく、ロックアップがさほど深刻でなくて或いは重大な上昇ニュースがあるトークンに絞ったほうがよいと思う。