金色財経の現場報道によると、今日の2018数博会「ブロックチェーンハイエンド対話」では、貴陽市委員会常務、常務副市長の徐昊の連鎖が政務分野で経験した時に、部門と部門の間のデータがどのように共有するのかは政務分野の運用の一つの重要な問題だと言っています。貴陽は政府のデータ共有開放の過程を推進する中で“idのブロックチェーン”を加えて、倉庫を基礎の倉庫に変えてブロックチェーンで標識をします。データの生成、共有プロセスは時間チェーンによって記録されていて、1本のデータは誰のもので、誰に使われたか、何度使ったか、どの部門に開放されるかなどの問題が解決されるだろう。ブロックチェーンは、便利なサービスを推進する中で、「データの多くは動き、大衆は少なく動く」ことを実現した。