金色財経の現場報道によると、今日の2018数博会「ブロックチェーンのハイエンド対話」で、貴陽市委員会常務、常務副市長の徐昊さんは、貴陽の経験から見て、私たちはブロックチェーンの発展にもっと期待を持ちたいと思っています。現実的な需要と結びついて、より一層のブロックチェーンの発展を促進することができます。また、主権管理のないインターネットが大きな弊害を噴出させたように、ブロックチェーンの発展もこのような問題に直面している。インターネットの中で発生した行為、生産関係、相互論理に対して、私たちはブロックチェーンで価値伝達プロセスを規範化し、インターネットが主権を必要とするようにブロックチェーンも必要とします。したがって、我々はさらに、ブロックチェーン技術に基づいて新たな科学技術を発展させることを提案します。